世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.026





事前情報通り、その数7台にも及ぶ新規覆面導入。いいねぇ。いいねぇ。


撮影は道警琴似庁舎。覆面の配備先は皆大好き札幌交機。210系クラウンは
市販車としては先代モデルとなるが、パトカーとしては現行車種。後ろには
退役すると思われる200系クラウンパンダ。いずれも非レーダー。この画像の
210系クラウン覆面4台の他にも3台が確認されている。ではその全台を一台
ずつ見ていこう。


「札幌303 す 77-34」


「札幌303 す 80-22」


「札幌303 す 80-24」


「札幌303 す 80-27」


「札幌303 す 80-29」


「札幌303 す 80-89」


「札幌303 す 81-07」

というラインアップ。特筆すべきはナンバーが連番になっていない点。数字を
並べてみよう。

「77-34」
「80-22」
「80-24」
「80-27」
「80-29」
「80-89」
「81-07」

幅は違えど「散らされている」のが判る。連番シリーズで記憶されるのを嫌って
飛び飛びで登録されたのかね。だが、ここでこれら数字を覚えるのもいいけれど、

全車「札幌303 す」

を頭に叩き込めって事だ。ホワイトとシルバーで。ブラックは無し。今度は
これら個体の交取シーンを押さえたい。カメラの準備はいいか。


後日撮影の同地。新車群はすっかり姿を消して、背後に見えていた200系クラウン
パンダ。これら個体は前述の通り退役すると思われる。更にその左には180系
クラウンの姿が。


元高速隊、交機へお下がりになった「札幌301 む 35-16」 交機に渡ってからは
ゲタ運用かと思いきや、その役目も果たしつつ、第一線での取締りにも投入。


在りし日の「35-16」その姿を振り返ってみよう。高速隊所属当時から。


うきうきサイン会。夏場の札樽自動車道均一区間ではその姿が多数目撃された。


厚別区大谷地の道警高速隊本隊にて。


札幌交機へ所管替えされて、道警琴似庁舎での姿。


同庁舎駐車場での夜間走行訓練。


テールスライド。


攻めてる姿ってのもまたイイ。痺れる。


再び高速隊所属当時。老兵は死なず 消え行くのみ。一つの時代が終わろうとしている。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
釧路機動警察隊第三中隊所属機。


レーダー仕様。LSM-100の後方照射仕様。いいねぇ。


無線アンテナはTL仕様。


こちらは210系クラウン交取覆面。ユーロアンテナが確認できる。


ホイールが気になります。


レーダーパンダと同じく釧路隊所属機。ナンバーは「釧路300 な 53-86」納車された
ばかりの個体。当サイト内での通称は、数字の語呂合わせからひねりを加えて
「ダストくん」としている個体だ。ダストくんの活躍に期待です。