世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.025





素晴らしい。続々と把握される新車覆面のナンバー。これもひとえに情報提供者の
皆さんのおかげ。本当、日々感謝だ。ありがとうございます。


ユーロアンテナに真っ黒スモーク。そしてハイマウントストップランプ4灯仕様。
ナイスショットです。この特徴とナンバー「旭川300 ひ 96-51」を頭に叩き込め。
グレードエンブレムは210系クラウン覆面においては「標準装備」なので見破り
ポイントにはならない。コイツがブレーキをかけた際にはハイマウントのLED
バルブ数を確認せよ。


そしてもう一台。こちらも旭川隊に配備の新車210系クラウン覆面。当サイト
情報提供者の方より。ナンバーは判明した「96-51」の前後賞だと思われる。
「96-50」か「96-52」の可能性が高い。皆様からの情報提供をお待ちしております。
カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ交取覆面待伏せ画像。ありがとう
ございます。撮影は勇払郡安平町早来北町 道道10号。道道に接続の脇道から
本線を監視し、目に付いた車両目掛けてインターセプトする。本線合流後は
ストップメーターを使用しての追尾式で速度測定を行う。


現場を地図で確認。このポイントは覆面のみならずレーダーパンダが、やはり
ストップメーターによる追尾式で速取りを行うポイントでもある。


札幌交機所属「札幌302 て 33-72」 令和元年度いっぱいで退役すると言われている。


目に付いた車両あり。本線合流を開始する同レガシィ。


パンダではないので、背後から迫ってきていても、気付けないヤツは本当に
気付けない。パンダでも気付けないで背中を刺される「終わってんぜキミ」
状態のヤツもいるけれど。


加速によるピッチングが確認できる。カッコいいなぁ。その昔、全力(きっとね)で
追尾に向かうBMレガシィ覆面の後を追った事がある。CU2アコードに乗っていた当時で、
あっという間に離されてしまったものだ。レガシィのEJ25とアコードのK24Aでは
その加速度の差たるや歴然だった。


別アングルから。カッコいいなぁ!


赤色灯点灯で追いすがる。


コイツのこういう姿を見られるのも本当にあとわずかだ。焼き付けておきたい。


皆様からのBMレガシィパトカー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は道警琴似庁舎。ここは正にパトカーワンダーランド。


新コロによる時差通勤の影響で、パトカーが出ていく時間にも、いつものパターンとの
間に若干のズレが生じているようだ。


200系クラウンレーダーパンダの運行前点検。


行ってらっしゃいませー。


ハイアングルだと対空表示がばっちり判る。いいねぇ。


BMレガシィ交取覆面。ナンバーは「札幌302 て 33-75」


ルーフには例のフタが。


リアワイパーレスにユーロアンテナ。この交取レガシィがデビューした時、
「クラウンだけが交取覆面だ」という神話にしがみついていたドライバーが
軒並み撃墜されたものだが、再び交取覆面はクラウン一色に。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。うきうきサイン会開催中。


この捕り物の待伏せポイントは清田区平岡1条4丁目6国道36号。


それを地図で確認だ。雪解けが進んで札幌圏での速取りがいよいよ始まった
感がある。帰ってきたんだよ。交機が札幌に。


左ステア全開。隊員は元高速隊隊員か。


ではドライバー視点で待伏せのポイントを見ていこう。危険予測ってヤツだ。
パンダの姿を見つける事ができるか。ここで気付けなければ真実の瞬間に遅れを
とる事になる。白色のトラックの陰になっているパンダに気付けるか。


居る。


この時点ではとっくに測定は終わっている。


コンチワ。あ、コンバンワか。札幌交機所属機。搭載レーダーはもちろんレーザー仕様。


同ポイントを後方より。何度も言うが、積雪季を終えて交機が札幌に帰ってきた。
嬉しい限りだ。


東京航空計器のLSM-100を搭載。札幌交機ではレーダーは全てこれに更新。電波式の
レーダー機はもう無い。


真実の瞬間。


開眼。


赤色灯点灯。


本線合流。


別角度より。本件は複数の情報提供者の方より画像を頂いている。ありがとう
ございます。スタンドアローンコンプレックス。当サイトが目指す一つの形が
ここにある。指揮官なき連携。スタンドプレーから生じるチームワークだ。


宇宙ライダー、


カッコイィ!!


脳内BGM「聖母たちのララバイ / 岩崎宏美」 王立宇宙軍からの火曜サスペンス劇場。
いいねぇ。


長かった冬も終わりだ。新たな取締りシーズンの幕開け。これほど嬉しいものはない。


うきうきサイン会全景。我々は当事者になってはならない。常に傍観者でなくては
ならない。観客になってもいいが、キャストにはなるな。


再びセットポジション。


ハイアングルによって対空表示「619」が確認できる。


前方より。やはりパンダ前方のトラックが素晴らしい効果を発揮している。いいね。
試されてるんだよ、我々は。


違反車両発生。


宇宙ライダーからの


うきうきサイン会。


早く私もこのような現場に身を投じたい。いいなぁ。


オマエじゃねぇか!