世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.006



当サイト情報提供者の方より頂いた厚別区大谷地での高速隊本隊画像。ありがとう
ございます。薄く雪が積もるパンダ群。手前は180系クラウン。ゲタ運用になっている
のだろうか。それとも第一線投入の現役機として活躍している個体なのだろうか。


「静」の光景。躍動的なパンダの姿も良いが、次に動き出す前にひっそりと待機
しているパンダもまたイイ。要するに動いていても、止まっていてもいい。どっち
でもいいんかい。


130系マークX交取覆面「札幌302 ね 36-04」


ナンバー両脇グリル下部部分には「期待の超新星(光って欲しい的な意味で)」で
ある前面警光灯が存在するはずだが、夜間においてはその視認も難しい。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
右前方に見える胸躍るシルエット。「居た居た居た!!」となるこの焦燥感にも似た
感覚。カメラの準備はいいか。


現場は白老郡白老町字北吉原172 国道36号。室蘭海陸通運 白老事業部前。札幌交機
210系クラウンパンダがお待ちかね。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていこう。



当サイト情報提供者の方より頂いたハワイオアフ島からの画像。ありがとうございます。
もう脳内BGMは「Hawaii Five-0のテーマ」単純だなぁ。単純で結構。そして既にここで
アクシデントが発生している。中央の車線にはフォード・クラウンビクトリア ポリスインター
セプターが
停車している。


その先には5代目フォード・エクスプローラーのパトカー。そしてその先に当事車両。


楽園の島ハワイでも追突事故って起きるんですね。起きるんですよ。誰と話してんだよ。
旅先でのアクシデント画像。ありがとうございます。どこで何が起きるか判らない。
ナイスショット。



当サイト情報提供者の方(全身黒ずくめ)より頂いたレーダーパンダ待ち伏せ画像。ありがとう
ございます。撮影は厚別区厚別町山本方面 道道626号。路面は一部ブラックアイスバーン
だが、タイトロープって程でもない。速度を出すドライバーはそれなりに居る。そういう
所にはちゃーんと警察が居る。


現場を地図で確認。真冬でも路面コンディションによっては期待できる。


ナトリウムランプが車体を照らすが、本線からはコイツの視認は難しい。札幌交機所属
200系クラウンレーダーパンダ。


違反車両発生。


後続車両をやり過ごしての本線合流。


スタートダッシュ。


一部凍結の路面をものともせずに、遅れた分を取り返すフル加速。


検挙その2。本線を行く車両が検挙対象。


カッ!!


今回の本線合流は後続車無しで、かなりスムーズ。


なお、本件取締りに付いては複数の情報提供者の方より、その情報を頂いている。
皆が同じ光景を見て同じ事を思う。いいね。


うきうきサイン会。


左ステア全開。乗員は元高速隊隊員か。


サイン会を逆方向から。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうございます。さぁどこだ。
どこに何が居る?


居る。画像左側、展示されている車両の奥。


札幌交機所属200系クラウンレーダーパンダがお待ちかねだ。で、この個体だが、
先程の厚別区山本での待伏せと同一。しかもこの現場は同日別時間。一日に二度も
それぞれ別の現場で撮影。偶然と言ってはそれまでだが。嬉しい偶然というものだ。


現場を逆方向から。東区北38条東21 道道431号 丘珠空港通り。パンダが待伏せ
している店の名前からここを「BUBU前」と呼称する。


現場を地図で確認。ここでの実施は夜間専門。今後にも期待したい。


このポイントが高難易度と思われる理由が判る構図。並ぶマネキンの中にゾンビが
紛れてましたパターン。こちらの画像も当サイト情報提供者の方より。ありがとう
ございます。皆、同じ場所で同じ物を見ていたんですね。嬉しい限りです。


搭載レーダーは東京航空計器製LSM-100。今をときめくレーザー仕様。


真実の瞬間。本線を行く車両が検挙対象。


戦場で棒立ちして背中を刺される。


オーバーシュートを別角度で。ナイスショット。


我々は常に傍観者でなくてはならない。決して当事車になってはならない。その為の
安全運転だ。動機なんざどうだってイイ。結果的に無事故無違反であれば。


本線合流。


本線合流。マルチアングル最高ですなぁ!!


うきうきサイン会。戦場で棒立ちして背中を(以下略)。


うきうきな別角度。


もちろん左ステア全開。今後も皆様からの取締り現場画像をお待ちしております。
カメラの準備はいいか。カメラを止めるな。