世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.004



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダによるうきうきサイン会
画像。ありがとうございます。サイン会中における交通誘導も実施。これは珍しい。
場合によってはコーナー手前や道幅が狭くなる橋の上でサイン会を行うケースも
あり、そうした場合でも誘導は行わない。


興味深いのはコイツがレーダーパンダではない点。札幌交機所属機のごく一部は
この仕様で、現場ではレーダー非装備である事から「検問時のバリケードにしか
使えない」というジョークが飛び出す程だが、ここはキッチリと存在価値がアピール
できている光景。


サイン会終了。


ではコイツが一体なんの取締りをしているのかを見ていこう。


セットポジションに付いている同車。コイツは監視対象の道に接続の脇道から
速度違反の監視中。つまりはレーダーを使わずに、ストップメーターでの速取りを
行っている。脇道から本線を監視して、目測により目に付いたクルマをインターセプト
するという方法。高速隊がPAやSAの合流ランプからインターセプトする方法は
定番お馴染みだが、札幌交機が覆面以外でこれをやるのはやはり珍しい。


現場を地図で確認。勇払郡安平町早来北町 道道10号。


インターセプトシーンを上空から。ナイスアングル。素晴らしい。パンダは
向かって左側の側道から本線に向けて合流。手前の白色のクルマが検挙対象。
厳密にはこの時点で違反は確定していない。レーダー測定とは異なり、
この後一定時間、一定速度により追尾・測定が必要になる。前述の高速隊に
よる合流ランプからの追尾検挙もそうだが、これぞ正しく戦場で棒立ちして
背中を刺される構図。前方を見るのと同じ位に後方を見ていないと喰われるって事だ。
この手の方法で撃墜されると実際かなり情けないぞ~。


赤色灯点灯無しで追尾・測定。これは過去の判例で認められている。


何度も書いてしまうがナイスアングル。カメラをどの位置に持っていってあげるかで、
一つの状況がいかようにも表現できる。


違反確定。いい気になって前しか見ていないとこうなる良い見本。


カメラを地上に戻しての、上記とは別検挙の追尾シーン。


宇宙ライダー、かぁっこいい!!


うきうきサイン会。


サイン会終了。脳内BGM「岩崎宏美 / 聖母たちのララバイ」もう歌詞2番に入ってる。


トランクリッドの警光灯がカッコいい。


その近影。いいですなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
撮影は千歳市美々方面 国道36号。通称エプソン前だ。ここは千歳署交通課も交機も
待伏せを行う期待値の高いポイントだ。


現場を地図で確認。キッチリ押さえて行きましょう。


今回待伏せを行っていたのは札幌交機所属200系クラウンレーダーパンダ。


ポイントの都合上、ナトリウム灯に照らされている為、逆方向からだと視認性は
それなりだが、そもそもこの方向の車両は測定していない。問題は一枚目の
画像の状況で事前に気付く事ができるかどうかにかかっている。


冬季に於いても積雪量の少ない千歳方面では、この手の取締りにまだまだ
期待できる。


カメラが待機してからは戦果無し。エプソン前から千歳市街地でのルーレットに
切り換えた同車。今後も皆様からのパトカー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた北署裏手画像。ありがとうございます。深夜1時にも
なろうという時刻。トニーたけざき著の「AD.ポリス25時」ってコミックを思い出した。
深夜1時だから。


OVA「バブルガムクライシス」のスピンオフ作品の原作にあたる。バブルガムクライシスを
まず説明しなくてはならず、まぁとにかく未来警察の話だ。ウラシマンじゃねぇぞ。
あーもうメチャクチャだよ~。


ルーフに特徴的なバルジが確認できる200系ハイエース。コイツは遺体搬送車だ。
バルジはベンチレーター。異臭を放つ遺体の搬送を考慮に入れた装備。で、コイツの
後方には開かれた鉄扉越しに部屋の中が見える。


この袋みたいの、なんだろうねぇ。


うーん、なんだろう。掻き立てられる想像力。



当サイト情報提供者の方より頂いたメルセデス・ベンツ・W221警護覆面画像。ありがとうございます。
警視庁警護隊所属機。隣にはY51フーガ警護覆面。


W221の反対側には210系クラウン警護覆面が。


TLアンテナ2本立て仕様。ルーフの赤色回転灯は防弾効果を損なう事から反転式は
不採用。手乗せ式になっている。