世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.121



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。画像一目でご存知の方も多いとは思うが、こちらはクロスオーバー前ポイント。
これまでにも、戦場で棒立ちしたドライバーが背中を刺される所を何度も観させて頂いて
いる場所。今回お送りするこの現場、別日に複数の情報提供者の方が撮影して頂いたものを
織り交ぜてお送りする。皆、時間は違えど同じ場所で同じ光景を見ていたんだね。嬉しい限りです。


上記一枚目とは別日撮影、だが同一の個体。ありがとうございます。この日の
「待ち」では、


初代ソリオ交番パンダと


BMレガシィ捜査用覆面が嬉しい外道として通過。


超イレギュラー的にリアワイパーが無い一般車も存在するが、同ワイパーレスのBMレガシィは
高確率で覆面だ。


別日別個体。こちらは210系クラウンレーダーパンダ。では、ここからはこれら3体の
検挙シーンを連続で見ていこう。


最初の個体。いわゆる真実の瞬間ってヤツだ。真実はいつも残酷だ。


パンダに火が入る。


別日同一個体の真実の瞬間。それは認め難くもある。だが、それが真実というものだ。


別日別個体の真実の瞬間。目を開けろ、目を逸らすな、これが真実だ。


最初の個体。


本線合流。


フル加速へともっていく。


別日同一個体の本線合流。


獲物に襲いかからんとするかのような挙動。いいですなぁ。


別日別個体本線合流。


加速開始直前。


最初の個体ダッシュ。


別日同一個体ダッシュ。


別日別個体ダッシュ。


燃える蜃気楼。傾く碧空。


幾度となく見た光景。


繰り返される撃墜劇。だが二つとして同じ取締りは無い。


最初の個体によるうきうきサイン会。知らぬ顔で広がる雲。


サイン会場の背景の壁が良い。


情報提供者の方もコメントされていたが、マグショットのように見えて面白い。パトカー
なのにマグショット。そこがまたイイ。ちなみに日本の警察の場合、笑顔でもマグショット
撮ってくれます。私がそうだったので。正面と右斜め前の顔写真を撮ってくれます。


別日同一個体によるうきうき。トランクリッドに装備の警光灯に注目。


脳内BGM「聖母たちのララバイ / 岩崎宏美」


我々は常に傍観者でありたい。当事者になってはいけないのだ。


別日別個体によるうきうき。


待伏せては検挙というこの無限ループ。プレーヤーが入れ代わってもずっとずっと続く。
生き残ったら乾杯だ。


最後に待伏せポイントを地図で確認。白石区東米里2196 道道626号。忘れないよ。この場所の事。



当サイト情報提供者の方より頂いたFD RX-7パンダ画像。ありがとうございます。
新潟県警所属機。文字通りの客寄せパンダとなっている個体だが、今回は同県で
開催の第34回国民文化祭・にいがた2019にて天皇皇后両陛下がお見えになった
際の警衛で駆り出されたとの事。いいねぇ、RX-7。


こちらもベテラン機。Y31セドリックレーダーパンダ。対向には白バイ。物々しくて
大変結構。


両陛下がお乗りになる御料車。3代目センチュリー。


笑顔でお手振りをして頂いている。


200系ランドクルーザー覆面。銃器対策部隊所属機が駆り出されているのだろうか。


E52エルグランド覆面。暴走族対策車両か。


210系クラウン覆面。交通機動隊長岡分駐所属機。


ゼッケンCを装着した210系クラウンパンダ。青色の警光灯ユニットを散光灯とは別に装備。