世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.112



当サイト情報提供者の方より頂いた交通規制画像。ありがとうございます。
撮影は北海道マラソン2019。日曜の昼前、普段ならひっきりなしに車両が行き
交う大通公園沿いの道も、さっぱりした状態に。


バリケード兼休憩所となる機動隊バス。道路に対して真横に止めてあるこの非日常。
これがいいんだ。


ゴール直前の最終コーナー。ここを逆方向から見ると北海道庁旧本庁舎が。


間もなくトップの選手がやってくる。その時を前にして規制にあたる210系
クラウンパンダが帰還。


交機所属機。非レーダー機。レーダー無しの交機マシンなんて…ねぇ?
「先行誘導」のマグネットシートはカッコいいな。


ゴールゲートをくぐる訳にはいかないので、その直前で選手コースと車両
コースに分離される。


大会記録担当のカメラマンの方々。


使用機材はキヤノンのEOS-1D X MrakIIか。いつか手にしてみたい最終目標。
本当、いつかコイツを愛機にしたい。レンズはキヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L
IS II USM。バストショットで選手を抜くという構図狙いですな。


もう1台の非レーダー機が帰還。こちらは「規制予告」マグネット。


続いて中継車。


トップランナーと共に先導の白バイが帰還。


男子で優勝を飾ったのはゼッケン111の松本稜選手。


2位の選手を大きく離しての快走。記録は2時間12分57秒。


選手も白バイもおつかれさまでした。あとほんの少しでゴール。選手も、白バイも。


役目を終えた車両達が人目につかない場所にたたずむ。沿道の人々は選手に
釘付け。その一方で大会を支えた、記録し続けた車両がひっそりと存在する
のはいい構図だ。


ドラえもんズ2+1。


さ、帰ろう。


任務終了。RTB.


中継車。リア側のキャビンは2階建て仕様。


道警本部。前回マラソン記事ではスタート地点で登場のPV-2型特型警備車。


+型に開けられた視界確保スリット。


機動隊銃器対策部隊所属の200系ランドクルーザー覆面。


日曜日の道警本部にしては、マラソンのおかげで写真の撮り甲斐がある。
マラソン様様。


機動隊爆処理班のマイクロバスと、その後ろには同犯資器材運搬トラック。
更に後ろには元先行誘導と元規制予告。


おつかれさまでした。来年もまたお会いしましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた2代目パッソパンダ&200系クラウンパンダ画像。
ありがとうございます。東署地域課所属の2台が商業施設に臨場。


中身不在。既に店舗内へ入ったようだ。


万引きか揉め事か。


警官は店舗内ではなく外に。


赤い色の防止を被った男性から話をうかがう警官。被疑者なのか被害者なのか。



当サイト情報提供者の方より頂いた自衛隊車両集結画像。ありがとう
ございます。撮影は苫小牧西港。陸上自衛隊第7師団による長距離機動訓練の
際のものだ。手前の小型トラックよりも、やはり90式戦車に目が行く。


苫小牧西港より東千歳駐屯地までを公道を利用して移動する。


追越注意のプレートも、公道走行ならでは。


決起前夜みたいな雰囲気がイイ。縁起でもない事言うんじゃない。だが機動
警察パトレイバーの旧OVA「二課の一番長い日」 や、劇場版2作目を連想
させてくれる。


同アングルながら「質感」が異なる作例。個人的な印象だが「戦国自衛隊」の
ワンシーンかのような画像の質感。あるいは「復活の日」とか。


警務隊所属の小型トラック。白の車体に赤色警光灯が映える。


90式戦車、いいねぇ。最新鋭の座を10式戦車に譲ったとは言え、こいつだって
まだまだ現役だ。


戦車、前へ! いいねぇ。


今後も皆様からの戦車画像をお待ちしております。「お客さんだ! パーティーが始まるぞ!」
「これは我らが死に装束、誰の許しを請えというのか」