世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.076



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィパンダ&99式自走155ミリりゅう弾砲
画像。ありがとうございます。事件現場横を偶然にも陸送されていく同りゅう弾砲。
なんという偶然、なんという幸運。この幸運をかみしめつつ、渦中を見ていこう。


なんじゃこりゃぁ!!!状態の光景。どうしてこうなる。クルマがコインパーキングに
フライングボディーアタック。


自販機をなぎ倒し、横転状態で静止。コイツはパトカーからの追跡を逃れるようとして
ドッカーンになったという。ドッカーンって(笑)。


ドライバーは脱出できずに亀の子状態で逮捕。飲酒運転だったそうだ。しかも無免許。
終わってんぜキミ(笑)。他に同乗の男女2人は割れたリアガラスから脱出して一度は
逃げたそうだが、新聞報道ではそれに触れられていないそうだ。逃げたのにね(笑)。
しかもパトカーはメチャクチャ追いかけていたのに、こちらも記事では「追跡を断念
したら勝手に事故ってました」となっていたそうだ。警察発表あるある。


自販機からは商品が散乱。


巻き添えを食った駐車車両。リアガラスが無い。


インプレッサアネシス捜査用覆面。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンレーダ―パンダ待伏せ画像。
ありがとうございます。撮影は最近注目株の白市区東米里「クロスオーバー前」と
同格に頻度が上がって来ている厚別区厚別町山本方面 道道626号。※ちなみに
クロスオーバー前も同じ道道626号。


現場を地図で確認。ここはパンダの待伏せ位置は同一でも、取締り方向が日に
よって変わる。


今回は厚別から東区雁来への方向。既に画像には待伏せ中のパンダの姿が。


居る。時間帯によっては西陽が逆光で射してくる為、パンダの視認率が更に低下する。


正にアンブッシュ。


しかしこの日は西陽の恩恵もなく日没になり、パンダも撤収。獲物が無い日もあらぁな。


別日。居る。そうこなくちゃ。我々の信用を裏切らない。


先程の200系クラウンと同じく札幌交機所属の210系クラウンレーダーパンダ。


西陽効果様様。左のクルマは検挙対象。


警光灯点灯。


追尾体勢に入る。これまでに何度も何度も見てきた光景のはず。なのに湧き上がる
この高揚感は何なんだろう。我々がやっている事はゴキブリ以下ドブネズミ以下
なんだよ。でも、やめるつもりはないんでしょう?


ゴールド。あ、陽射しがね。免許はもうこれでしばらくゴールドにはならないよ。
グヘヘヘ。それはともかく、本当にキレイな夕陽。


ドンドン見ていく。こちらも検挙対象車両。ブレーキをかけているが間に合わない。
そんなに甘いもんじゃないよ、レーダーパンダによる取締りは。真実とは常に残酷だ。


別角度による同一シーン。こちらも当サイト情報提供者の方より。これはすげぇ。
皆、同じ物を見ていたんですなぁ。ありがとうございます。


ヘッドライト点灯。


続いて警光灯点灯。認め難くもある。だがそれが真実という物だ。


追撃開始の瞬間。


痺れるねぇ。


そして最高の瞬間でもある。


憎たらしいぐらいにカッコいいのな。


さっきも書いたけれど、もう何度も何度も見てきているシーンのはずなのにな。同じ
取締りの光景というのは二つとして無い。


本線合流。


別角度も最高のアングル。


これでまたスコア1。これからも幾度と無く繰り返される。そこがまたイイ。


こちらは当サイト情報提供者の方へ声掛けをしに来た際の撮影。内容は非常にフレンドリー
だったそうだ。それでなければこれまでの画像の説明が付かないからな。


なお、ユピテルスーパーキャットLS300においてはレーザーをしっかり検知している。
しかし、かなり手前からの検知という訳では無い。これまでの電波検知式の探知機と
同じように、鳴ってから減速しても間に合わないシチュエーションは幾らでもある。
要は安全運転しろって事だ。いや本当にさ。