世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.070



当サイト情報提供者の方より頂いたDJデミオパンダ画像。ありがとうございます。
埼玉県警地域課所属機。パンダカラーの中にグリルの赤が入っているのが新鮮。


ドアバイザー、フォグランプを装備。県費なんだろうなぁ。切れ長の目付きがカッコいい。


CX-3パンダ。SUVカテゴリーのパンダってのはいいね。山岳地帯では見られる採用だが、
やはり珍しい部類に入る。POLICEマーキングも決まっている。ごめんなさい、こちらは
CX-5の間違いでした。訂正いたします。


L33ティアナパンダ。こちらも全国的に普及しているパンダ採用機ではないので新鮮だ。


こちらは捜査用覆面の代表的車種2台。C25セレナと3代目スイフト。


E26キャラバンは鑑識車両だろうか。RGステップワゴンは捜査用覆面。


BMレガシィ捜査用覆面。



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドリックレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。撮影は羊ヶ丘通り札幌ドームランプウェイ北広島方向。豊平署交通課が網を
張る定番ポイント。これまでも記事にさせて頂いてきたが、このアングルからの撮影は
珍しい。ナイスアングルです。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていこう。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。歩道に
方輪を乗せて頓挫するワンボックス。車内は衝突の衝撃の為か物が散乱。


これは一体どういう状況なんだろうな。カオス。


事故は本当に嫌な物だ。明日は我が身。


事故処理にあたるE26キャラバンパンダ。


車両火災を警戒しての水槽車臨場。


こちらも事故現場の様子。当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。
交差点内で頓挫する車両、立ち尽くす、あるいは座り込む当事者。これもまた事故の
恐ろしさを教えてくれる光景だ。


誰も望まないのに時間も金も失われていく。道交法順守、安全運転でいこう。
生き残れこの地獄を。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ画像。ありがとうございます。撮影は石狩市
新港東。こうして姿を見せている時は周囲のドライバーも居住まいを正して、より慎重な
運転を心がける。だが、それでは「スコア」にならない。


赤無視と携帯電話の使用、そして速度違反に期待しての待伏せ。路上から姿を消して
こうしている時の姿こそ本来。いい気分で走っていたて、気付いたら後ろで白バイが
サイレンを上げていたって状況だ。


待伏せポイントは石狩市新港南1丁目。側道から国道231号を監視。


虎視眈々。ピッタリのいい言葉だ。


新港南での待伏せは不発に終わるも、石狩市生振方面 国道337号でうきうきサイン会。


ドライバーにとっては屈辱のひと時。だが傍観者である我々には違う。だからいつまでも
彼岸に立っていたい。その為の安全運転、道交法順守だ。


先程同様、国道に接続する副道から待伏せする白バイ。どこに居てどこ見てんだよ。


○印が白バイ、矢印が監視路線。すんげぇ距離開けて見てんのな。でもこれでもキッチリ
追いすがってくる。


ズーム。居るねぇ。


後ろから。圧縮効果で本線手前すぐの位置に居るように見えるが、実際にはかなり手前。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダによる、うきうき
サイン会画像。ありがとうございます。撮影は厚別区厚別町山本方面 道道626号。


このポイントでの夜間実施はかなり難易度が高い。街灯が無いエリアになるのでほぼ
姿が見えない。対向車がたまたま通りかかる時か、月明かりで見えるかってな位だ。
試されてるんだよ。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンレーダーパンダによる、うきうき
サイン会画像。ありがとうございます。今やすっかりお馴染みの東米里 クロスオーバー前
での取締り。


真実の瞬間に遅れをとったドライバーの末路。末路ではないな、これから行政処分、
あるいは司法処分がなされ、運転免許制度に係るペナルティーがボディーブローの
ように効いてくる。


サイン会を終えて再びセットポジション。助手席の相勤者が車体位置の微調整を指示。


白石区東米里2196 道道626号 クロスオーバー前。このポイントに固有名詞を付けて
良かったと思う。頻度がハンパ無いもの。


さぁ、ゲーム再会だ。


アンタ、出し過ぎ(笑)。脳死運転、戦場で棒立ちしていて背中を刺される、言い様は
色々だが、その手のドライバー無しにはこの画像は無い。ナイスショットです。


このドライバーはパンダの存在にすら気付かずに通過。


後続車に注意を促しながら本線合流。


さぁダッシュだ。


3リッター3GRR-FSEエンジンがうなりを上げる。


橋の勾配を全力で登ってくる。


本件は複数の情報提供者の方より画像を頂いている。ありがとうございます。皆、
同じ物を見ていたんだなぁ。嬉しい限りです。


撮影ポイントの柵に挟まれていたナンバープレート。カオスだなぁ。マッドマックスだね。
いや、なんとなくね。


Y31セドリック程のピッチングは見られない。だが加速中である事が判る姿は特にカッコいい。


うきうきサイン会。


このポイントは今後も大いに期待できる。


日中の部を終えて、はけていくパンダ。


本人が居なくなったので、セットポジションを撮影。


待伏せ時特有のエアコンのエバポレーターからのお漏らし後にも目が行くが、チョークで
マーキングがしてある。これは前軸と後軸の定位置を示していると思われる。この事から、
一つ妄想できるのが、クロスオーバーポイントは新人隊員の訓練場になっているのでは
という事だ。こんなカンニングみたいな細工は他のポイントでは見られない。エプソンビル前
や、同ビル前前なんぞはマーキングしようにも地面が舗装されていない。他の舗装路面での
待伏せポイントもしかり。クロスオーバーでやたらと頻度が上がっているのはこの妄想が
理由だとしたら、それはそれで熱い。


幾度と無くダッシュを繰り返した痕跡。これからもこのポイントには世話になるだろう。
今後も皆様からの取締現場画像をお待ちしております。