世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.056



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南ICシーベル取締り画像。ありがとうございます。
これからの大型連休では益々書き入れポイントになるであろう札幌南ICでの取締り。
今回は嬉しい事に覆面も投入。ありがたいねぇ。前席はもちろん、後部座席のシーベルや
チャイルドシートの装着違反を見ている。連休中は餌食になるドライバー、かなり出るぞ。


投入された覆面の別日別ポイントでの姿。こちらも当サイト情報提供者の方より。ありがとう
ございます。撮影は北広島IC。高速隊所属200系クラウン「札幌302 の 19-87」 いいねぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとうございます。
警視庁第一交通機動隊所属「品川302 み 29-09」築地署でトイレ休憩していたそうだ。
休憩最高。どんどん休んで欲しい。我々にもチャンスが巡ってくる。


なお、このクラウン覆面はハイマウントストップランプが6灯仕様になっているそうだ。
ワーオ。ユーロアンテナとナンバーで覚えるしかないね。それとバンパーにディーラー
ステッカー。これも特徴の一つとして押さえたい。発見し次第撮影と行こうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。幹線道路で発生の
多重衝突事故。本件に関しては複数の情報提供者の方より画像を頂いている。皆、同じ光景を
見ていたんだねぇ。嬉しい限りです。カメラの準備、できていたんだね。


時間を巻き戻す。当事車両が全て道路上に残されている時点。緑色の車両が先頭。


2台目から最後尾4台目。


ほとんどの車両が撤去されているタイミング。依然として規制が続いて道路は大渋滞。
正に「十戒」状態。情報提供者の方のコメントが言い得て妙だ。


E26キャラバン事故処理車と7代目アルトパンダ。


最後尾4台目車両。


顔無し状態。


3台目車両。


事故の恐ろしさが伝わってくる。


2台目車両。この車両の過失割合は不明だが、「安全運転宣言車」のステッカーが重い。
衝突せずに止まり切れても、次の瞬間に追突されて押し出されて衝突するケースもある。


先頭車両。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン交取覆面画像。ありがとうございます。
撮影は阪神高速道路16号。未だ現役を務める180系クラウンパトカー。いいね。


ドルフィンアンテナ仕様。ナンバーは「・397」が確認できる。皆様からの覆面パトカー
画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
撮影時は撤収を開始していたそうだが、それでも我々は学ぶ事ができる。


現場は石狩市花畔4条1丁目 道道44号。北署交通課が網を張る。なお、撮影に関しては
声かけがあったそうで、「交通安全の為にやっているからね!これからもどんどん情報を
拡散して欲しいな!」との事だったそうだ。よーし、当サイトも頑張っちゃうぞぉ!!


現場を地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。撮影は厚別区厚別町山本方面 道道626号。本件に関しては複数の情報提供者の
方より頂いている。スタンドアローン コンプレックス。大好きだ。個別の11人。


イメージ増幅により撮影。実際には暗がりでほとんど見えない。月明かりを頼りにできる
事もあるが、今回は雨天でそれも叶わない状況。片側2車線の道路の対向側をレーザーで
測定。今回の現場でコイツの性能を垣間見たって事だ。


現場を地図で確認。ここでの頻度はかなり少ないと思われる。だが捨てた場所ではない。


うきうきサイン会。ドラマティック・レイン。


頻度も隠蔽度も含めてここは難易度が高い。仕方ないよ。ドンマイ。



当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。撮影は苫小牧市錦岡方面 国道36号。元札幌交機、今は苫小牧署交通課所属と
なった機体。同署の警務課に一つアドバイスがある。君の所のパトカーの任意保険の中には
車両保険は含まれていないからね(笑)。勘違いしないように。契約書類にちゃんと目を通して
おくように。その契約だって税金でやってんだから。把握しておきなさい。グヘヘヘヘ。


現場を地図で確認。定番化しているとは言えこれからも期待のできるポイント。カメラの
準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
定番の南区南33条西8丁目豊平川左岸線 ミュンヘン大橋手前。


操作係。別名機械伯爵。間違えた、機械奴隷だった。


ガードレールの陰からJMA-240がコンニチワ。


停止係。ゲームスタートだ。


操作係が「コイツですお巡りさん」ジェスチャーをすると停止係がダッシュ。写っている
黒色のクルマは無関係。


白色のクルマが検挙対象。


はい終了。


サイン会場へ。ちなみにここの取締りでは違反速度を確認させた後は、自分のクルマに
戻らされて、作製された違反切符を警官が届けてサインさせてくれる。ドライブスルーは
便利だね!


戦場で棒立ちしていて背中を刺された人に、その旨を伝える。


ミュンヘンスピードチャレンジの自己記録確認シーン。


左岸線上から取締りを見ていこう。前を行くは嬉しい外道、260系アリオン捜査用覆面。
もう交差点5メートル以内に放置すんなよ。判ってると思うけど。


アリーナ席。捕まっているのはタクシー。もはやプライドもクソも無い。プロフェッショナルは
もう存在しない。


検挙された運転手はヘラヘラ笑っていたそうだ。そんなに捕まった事が嬉しいかい。


第一交通産業ですな。



当サイト情報提供者の方より頂いた謎の200系クラウン画像。ありがとうございます。
針金アンテナ2組にありがたいアンテナを装備し、グレードエンブレムが存在しない
スタイルの200系クラウン。ルーフには反転式赤色灯用のフタも、車内には収納部分の
「洗面器」が確認できない。モドキなのか。それにしては芸が無い、撮影は東京都新宿区
榎町 早稲田通り。この車両の前方に見える車両の更に前、そこはにはこのクラウンと
全く同じ仕様の別個体が走行していたそうだ。両クラウンに挟まれる車両を護衛して
いるかのような動きだったという。なんだろね、このクラウン。情報お待ちしております。