世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.038


当サイト情報提供者の方々より、ついにレーザー式レーダーに対抗できる探知機が
市販される事になった事を教えて頂く。ありがとうございます。そうかぁ、ついに
ネズミがイタチに追いつく形になったか。探知機の発売メーカーはユピテル。商品名は
LS300。同社のレーダー探知機ブランドのSUPER CATシリーズの最新モデルになる。
もちろん対レーザー仕様は業界初となる。これは非常に期待したい。「光オービス
(レーザー式移動オービス)受信」という表現が同機種ホームページ内でされているが、
恐らくはパトカー車載式の同方式レーダーLSM-100にも対応していると思われる。これは
できるだけ早いうちに入手して現場で試したい所だ。製品ホームページは以下のリンクより。

https://www.yupiteru.co.jp/products/radar/ls300/

発売開始は4月を予定しているそうで、価格はオープン。実勢では3万円台になるようだ。
これ欲しいなぁ!すぐにでもその性能を見せてもらいたい。楽しみだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとうございます。
滋賀県警所属「滋賀301 つ 59-67」 撮影は名神高速道路下りの米原JCT付近との事だ。
真っ黒スモークにユーロアンテナ。後期型アスリートを見たらまずは覆面と期待せよ。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
茂みに隠れる形でこちらを見据えている存在。草や葉が生い茂る季節になれば、もっと
視認性は落ちて向こうの好都合に。


元札幌交機、今は苫小牧署交通課にお下がりになったV36スカイラインレーダーパンダ。
こいつは当初は同交機からのレンタルだった。その原因を作ったのが同署交通課に配備に
なった210系クラウンパンダ。かなりややこしい事故を起こしたようで、相手方との
過失割合の交渉で揉めに揉めて中々修理ができず、その間の穴埋めでV36スカイラインを
借り受けている。結局クラウンがいつ戻ってくるか判らなくなり、我慢できずにスカイ
ラインを所管替えしている。しかし程なくしてクラウンも修理から帰還。


現場を逆方向から。勇払郡安平町早来栄町 国道234号。


地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。


登録変更により室蘭ナンバーになっているが、対空表示は交機時代のままだ。



当サイト情報提供者の方より頂いたロサンゼルス市消防車両画像。ありがとうございます。
4代目シボレー・タホ。救急隊を意味するEMSのマーキング。


赤のボディーに白のストライプ。カッコいいなぁ。


リアガラス上面にも警光灯。皆様からの海外の緊急車両画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締り現認係を探せ画像。ありがとう
ございます。探せとは書いたが、どんなに目を凝らしてもそれを発見する事はできない。
画像左側のブロック塀に注目しつつ次の画像を。


これは判らない。完全に見通し線から隠れる形で現認が居る。おかげで変装もしていない。
現認がこちらに向いているのは撮影に気付いた為。だからと言ってどうという事は無い。


現場を地図で確認。西区発寒10条1丁目1 鉄工団地通。道警琴似庁舎のすぐ近く。


続いて停止係。赤○の所ね。違反車両発生時はこの木の陰から黒ひげ危機一発してくる。


いい画だ。ナイスショットです。


停止係と現認の位置関係。


サイン会場は210系クラウンパンダ。


西署交通課機。


前述の通り琴似庁舎の近くでの実施。今後もここには期待したい。


この個体はルーフの散光灯に防雪カバーが装着されていない。こういうイレギュラーはいいね。



当サイト情報提供者の方より頂いた道警高速隊本隊画像。ありがとうございます。手前の
E25キャラバンはパンダカラーでもない事から、鑑識さんでも遊びに来ているのかと思い、
早速昨日の道の告示サイトから見る事のできる、あの筒抜け便利帳で検索をかけてみた。
画像原版では「札幌800 せ」が読み取れている。


あー、これだこれだ。例のリスト便利だわ~。高速隊所属なんだね。やっぱり。


お邪魔しまーす。お、今回は覆面が表舞台で待機。昔を思い出すねぇ。いつの頃からか、
敷地内のこのエリアに覆面は置かなくなった。理由は全然判りません。


200系クラウン覆面「札幌302 の 22-99」通称ニック。その後ろには210系クラウン覆面。
コイツについては後程ほど。


明けてきた空と高速II型群。いいね。


200系クラウン覆面「札幌302 の 19-87」


210系クラウンパンダ。2019年3月登録と思われる新車個体。


こちらは2017年1月登録個体。いやー、あのリスト本当便利。


再び新車別個体。


こちらもしかり。これ、来年度の任意保険入札時にはまたデータで公表されるのかね。
でもね、あのリスト公表はこれっきりになるような気がするんだよな。なんでそう
思うんだよ(笑)。


200系クラウンパンダ。まだまだ頑張っている。


元警護隊所属のJ31ティアナ覆面。今は高速隊ゲタ。ストップメーター非装備なので、
本当にゲタ。


200系ハイエース事故処理車。ワックスもかけてピカピカに。


真打ち。210系クラウン覆面「札幌302 む 43-32」


グリルメッシュ越しに見える前面警光灯。高速隊機なので、すれ違い様の一瞬で
会敵戦に展開する事は少なく、気付いたら後方に張り付かれているパターンが多い
ので、この警光灯の見破りポイントはどこまで有効かという疑問はあるが、特徴として
キッチリ押さえておくべきだ。パンダも同じ仕様だから大騒ぎする事もないんだろう
けれど。でもね、一応ね。


アスリート、カッコいいなぁ。今後も皆様からのパトカー画像をお待ちしております。