世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.034



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。現場は
東区伏古10条2丁目 国道274号 札幌新道。


パンダが一般車に追突。後の報道ではパトカー乗員の脇見運転。こりゃやべぇぞ~。


札幌交機所属200系クラウンレーダーパンダがフロントをぐっしゃりやっている。いわゆる
フルラップ衝突ってヤツだ。


当事者なのか、応援に駆けつけた同じ交機隊員なのか、ドライブレコーダーをやたらと
確認していた。面白いのは本来であれば東署交通課が行うであろう、この調べを当事者
あるいはその身内が行っている点。色々な憶測を呼ぶ一枚だ。


鳴り物入りで投入されたレーザー仕様のレーダー機。しかし隊員のよそ見が原因で、
ここでマイナスワンだ。


対空表示は「608」


ありし日の姿。警衛任務に就いていた時の物だ。こちらも当サイト情報提供者の方より。
ありがとうございます。


第二当事車両。信号待ちで停車していた所を背後からズドン。過失割合は文句なしのゼロ。
乗員は負傷し救急搬送されている。人身事故に発展。


警察車両は当然ながら任意保険には加入していないので、補償は税金で行われる。議会を
通しての追加計上予算なので、そりゃもう被害者に金が渡るのは数ヶ月後にもなる。
教えて頂く。この手の公用車による事故によって、解決までの期間が長期に渡り被害者を
苦しめる事から、数年前から入札によりパトカーも任意保険に加入しているそうだ。
ご指摘、情報ありがとうございます。


再びパンダ(クラッシュタイプ)。


パンダは現場付近を交通取締りの為に、パトロールしていてこうなったそうだ。消防署が
火事になる。税務署が脱税する。これはそういう事だ。運転してたのは男性隊員、相勤には
女性隊員。こりゃ何もしてなくても色々言われるヤツだ。もう辞めちゃうかもね、警察官。
※ちなみに写真を撮っているのは東署交通課署員。当事者では無い。


老朽化が進む所轄交通課パトカーの代替として、200系クラウンレーダーパンダがお下がりに
なるのではとの見方もあったが、すくなくともコイツにそれは無い。


自ら隊所属210系クラウンパンダと3代目ソリオ交番パンダ。


パトカーが事故を起こすと、いつも以上にやって来るパトカーの数が増える。これはまたと無い
チャンスだ。逃がすな。


応援に駆けつけた札幌交機210系クラウンレーダーパンダ。こうなると一体何の応援なんだか。


レーダーは事故機と同じ前方照射仕様。


ビンゴ。交機が事故ると交機がやって来る。「札幌302 て 33-75」のBMレガシィ覆面。


コイツは現場に来て僅か数分で居なくなっている。これは恐らく我々の為にフォトセッションを
開く為だけに来てくれたんだろうな。粋だね。


トランクを開けて中の警光灯を見せてくれるサービスも。ありがとうございます。


レッカー車登場。


これ、どうするんだろうな。直すのかね。「ごめんなレーダーパンダ、直してまた一緒に走ろうな」
ってなるのかな。


ドナドナ全景。


さらば。


リプライズ。さーて、この現場での事後検分はいつになるのかねぇ。事故機以外の交機車両を持って
くるのは間違いない。検分、押さえたいなぁ!!


事故から一夜が経過した交機本隊が入る琴似庁舎。気のせいだろうけれど、なんだか閑散としている
印象。普段はそれなりに交機や自ら隊、機捜の車両も止めてあって賑わいがあるが、今日はなんか変。


この200系ハイエースはなんだろうね。その後ろには自ら隊パンダ。さすがに交機の姿は無い。


平日であれば開放状態の車両出入口のゲートも閉じられている。どうしたんだ一体。


生安の捜査用覆面が並ぶ青空エリアもほぼカラ。どうしちゃったんでしょう。


だが交機白バイ隊員は訓練に余念が無かった。それでこそ交機。この事故で活動を縮小させるような
事だけはやめて欲しい。我々のネタが減ってしまう。


明日に向かってジャンプ。


事故の記憶を超えてジャンプ。いや、記憶超えちゃダメかも。