世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.021



当サイト情報提供者の方より頂いたフォード・クラウンビクトリア ポリス
インターセプター画像。ありがとうございます。撮影はカリフォルニア州
ロサンゼルス。SHERIFFマーキングが確認できる。付近でアフリカ系青年が
手錠をかけられてこのパトカーに乗せられていったそうだ。なんかすげぇな。
そういう光景は茶飯事だそうだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた横転事故画像。ありがとうございます。
200系クラウンパンダの先には渦中の車両だ。この事故のせいで平日朝の通勤
時間帯とも相まって道路は渋滞。全員が不幸になる事態に。事故は本当に嫌な物だ。


こちらも事故現場画像。当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。
斜めを向いたまま軽自動車が頓挫。手前のバスは衝突してしまっているのか、
直前で停車できているのかは不明。雪道によるスリップも少なからず原因になって
いるだろう。まだまだ冬の雪道状況は続く。生き残れこの地獄を。



当サイト情報提供者の方より頂いた除排雪現場画像。ありがとうございます。
雪山で狭くなった道路幅を回復させる作業。ありがたい。本当にありがたい。
車両にはHTR402の表示。NICHIJYOというメーカーのロータリー除雪車。


前回記事にさせて頂いたロータリー除雪車は、雪を吐き出すシューターが車体
後方の延長線上までスイングしたが、こちらはそのシューターが短く、前方、
もしくは横方向にスイングするタイプ。


雪を積み込むダンプカーは真横に付いて雪を載せていく。


カッコいいなぁ。これら車両のおかげで冬もクルマを走らせる事ができる。


現場を偶然通りかかった130系マークX捜査用覆面。嬉しい外道だ。運転手はカメラに
気付いているようだ。ヤッホ~。


外部アンテナレスだが、真っ黒スモークが目印になる。同マークXを見たら捜査用
覆面と期待せよ。



当サイト情報提供者の方より頂いた道路規制画像。ありがとうございます。撮影は
札樽自動車道均一区間。ネクスコ東日本の方が規制にあたる。


200系ランドクルーザーパトロールカー。カッコいいなぁ。


規制線上には謎のポリタンク。そして当事車両。既にレッカー業者の方による牽引
作業が行われている。路肩の氷でスリップしたのだろうか。事故は本当に嫌な物だ。
明日は我が身。気を引き締めて運転に臨みたい。



当サイト情報提供者の方より頂いた火災現場画像。ありがとうございます。燃え盛る
炎とそれを見る人々。


現場は厚別区厚別西1条2丁目の民家。これはその隣の家屋越しの光景。


建物の原型をうかがう事ができない。


火災の恐ろしさをまざまざと見せ付けてくれる。


本当、建物の形が元々どんなのだったか全く判らないなコレ。


時折何かが破裂するような音も聞こえていたそうだ。


この角度だと外壁の一部がかろうじて確認できる。


周囲に展開する消防車両。


道路封鎖にあたる厚別署地域課機。200系クラウンパンダ。


別個体。


第二線。周囲は火災現場特有の匂いが立ち込める。


210系クラウンパンダ。


正面から。


指揮所。


本火災は暖炉で長期間に渡り生木を燃やし続けた事で、煙突にススが溜まり煙道火災現象を
起こした事が原因。同現象の際には煙突内は1,000℃以上にもなるそうだ。そりゃ煙突と
その周囲が燃えるのは必至。起こるべくして起きた火災だったそうだ。


サイレンの音と赤色灯の光。


収まらない火の手。


消火と同時に解体作業も行う。


全焼。


再び第二線。


今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。