世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2019/Text No.015



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ交取覆面画像。ありがとうございます。
現場は室蘭市幌萌町方面 国道37号。うきうきサイン会中。


現場を地図で確認。真冬でも積雪量が少ないこの地域は、今だと集中的にルーレット
している場合が多い。期待できるエリアだ。


ナンバーは「33-69」が確認できる。


過去に撮影の同車。札幌交機所属「札幌302 て 33-69」 キッチリ押さえていきましょう。


こちらも当サイト情報提供者の方より頂いた室蘭市内での取締り画像。ありがとう
ございます。V36スカイラインレーダーパンダによる待伏せ。


現場は室蘭市知利別町3-11 道道107号 知利別連絡所前。


V36スカイラインレーダーパンダと言えば、苫小牧署交通課のの210系クラウンパンダが
揉め事事案に巻き込まれて修理のめどが立たず、その間の穴埋めで札幌交機よりV36スカイ
ラインレーダーパンダがレンタルされて、結局そのまま室蘭ナンバーに登録変更して
お下がりになったケースが最近あった。なお、今回のコイツは室蘭市内での待伏せという
事から、苫小牧署交通課の例のV36ではない事が判る。札幌交機が直接やって来ているとの
見方だが、今年に入ってから室蘭署に留め置きになっているとの情報も頂く。


当サイト情報提供者の方より頂いた室蘭署での今回のV36の姿。ありがとうございます。
もしかすると、既に同署交通課での運用が始まっているのかもしれない。ナンバーは
まだ札幌ナンバーだが、コイツも年度の切り替えに合わせて室蘭ナンバーに登録変更に
なるのかもしれない。


という事で、先程触れた苫小牧署交通課へお下がりになった方のV36スカイラインレーダー
パンダの今の姿を確認してみよう。こちらはまだ札幌ナンバーだった頃。カメラに気付いて
逃げ惑う姿でさえカッコいい。中身の運転技術はともかくとして。


という訳でやってまいりました苫小牧署。路面の出ている日中だと言うのに、交通課用の
スペースにはちゃんと例のV36と話題の210系クラウンが。こうして居てくれた方がこちらは
ありがたいのだが、「取締りいつやってんだよ。働けよ(笑)」とは思う。これらの画像も
もちろん当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。


ナンバー隠しのつもりはないが、そう見えてしまうこのパイロンは、自分がお出かけして
居る際にこのスペースを他のクルマに取られないようする物。210系クラウンパンダに
ついては、情報提供者の方の立場を守る為に詳細は書けないが、まぁ色々あった個体だ。
ようやく修理から帰ってきた。良かったねぇ。


元は「札幌800 せ 83-58」だったナンバーも前述の様に室蘭ナンバーに。


「室蘭800 さ 73-92」になりました。


流石にルーフの「札」マーキングはまだそのまま。対空表示もきっと交機仕様のまま
だろう。こちらは苫小牧署予算の方でおいおいに。


なお、現段階では同署交通課はV36と揉めた210系の他に、150系クラウンレーダーパンダも
稼働させている。


こちらは恐らく来年度更新はないと思われる。



当サイト情報提供者の方より頂いたキ画像。ありがとうございます。中身はコンビニで
お買物中。コンビニへの立ち寄り大いに結構。こうして我々にも撮影のチャンスが巡って
くるという物だ。ここでは誰も不幸になる者はいない。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた消防車両画像。ありがとうございます。撮影は
カリフォルニア州 ロサンゼルス。赤色の車体にメッキパーツの輝きが映える。いいねぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いた海上自衛隊輸送艦「おおすみ」画像。ありがとう
ございます。釧路港に寄港中。港湾施設以外の民家等の建物と一緒に写る海自艦。
ベルファストに入港したホワイトベースみたいでいいね。またガンダムか…。


本件に関しては複数の情報提供者の方より画像を頂いている。ありがとうございます。
皆、同じ光景を見ていたんですね。うれしい限りです。


同艦は一般公開を行った。タラップには艦名バナー。


ブリッジ。


同正面には高性能20mm機関砲ことファランクスが設置される。


アメリカのレイセオン・システム社製。完全自動防空システム。


銃身下部の給弾機構。メカメカしくて非常にカッコいい。


艦内。車両甲板と表現していいのか。


ホイールクレーン。


輸送される間の場所指定プレートだろうか。


火災報知器。ビル等でよく見かける押しボタン式ではないんだね。


同報知器含む操作盤色々。カッコいいなぁ。


「非常停止に備えよ」なんだろ。ドキドキしちゃうよね。


艦内再び。


エレベーターデッキ。


これ、「死霊のえじき」だとデッキ上にゾンビがわんさか乗った状態で降りてくる
ヤツだな。あれ船じゃないけど。予告編だとあのシーン、何故か逆回しなんだよな。


カッコいいなぁ。こういうの好き。


デッキに乗ってまたまた甲板へ。


そこからの眺めには、海上保安庁のかとり型巡視船「いしかり」が。


2017年竣工のまだ新しい船だ。いいねぇ。


「おおすみ」のヘリ甲板。


リドリー・スコットぽい感じで水煙が。


その正体はウェルドックから出てくるエア・クッション型揚陸艇。


おぉぉ!!


かっこいいなぁ。LCAC-1級。海上自衛隊内での呼称はエアクッション艇1号型。


海上自衛隊のマーキングに自衛艦旗。いいねぇ。


アメリカのテキストロン・マリン&ランドシステムズ製。


もう1隻。


海上自衛隊はこれを6隻保有しているそうだ。


RAMP AREAは15フィート以内は危険だよと書いてある。RAMP AREAってなんだろう。
調べてみた。


お、おう…。そうだね。ホバークラフトなので、その後流に注意しろって事なのかな。


かっこいいなぁ。ナイスショットです。


「おおすみ」ブリッジ内。


ロマンだよねぇ。


イかす注意書き。


ホワイボードとマグネットを利用したオペレーションボード。電子化すると不具合や妨害
発生時に把握と指示ができなくなるので、こうしてアナログな方法を取る。


銘板。とてもよい物を沢山見させて頂きました。感謝です。