世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/12/Text No.19



当サイト情報提供者の方より頂いた機動隊バスinすすきの画像。ありがとうございます。
撮影は12月初旬。年末も押し迫った繁華街に大量の警官を輸送できるバスが臨場。
同月の一斉検問とも日付はずれている。風俗店へのガサですかね。普段のお付き合いで
その「監査」を無事に乗り切れるかどうかが決まる。え、なにそれ。どう、いう事?うーん、
全く判りません。ちなみに飲み屋のお姉さんに聞くところによると「飲み方が一番汚いのは
警官」だそうだ。肩書き職業ふりかざしてお店の人を困らせるのが多いんだと。信じないもん!
そんなの嘘だもん!はいピュ(以下略)。信じるか信じないかはアナタ次第です。


こんにちわ~。こっち見んな(笑)。おいおいおい、その物言いはないだろ。こんばんわ~だろ。
夜の撮影だからね。



当サイト情報提供者の方より頂いた釧路署画像。ありがとうございます。いかにもな
風情の建物がイイ。お役所の建物全開。早速駐車場を見ていこう。また袋が騒ぐってか。


これはもう仕方の無い事なんだけれど、車種で正体がバレバレという展開。車種でまずは
判断して具体的に撮っていく。王道パターンですな。


まずはJ31ティアナ。捜査用覆面の代表的車種の一つ。ありがたいアンテナも非常にありが
たい。撮影に関しては声掛けがあったそうだがおとがめ無し。「警察の大ファンなんですぅぅ」
作戦でいったそうだ。ナイスです。


BLレガシィ捜査用覆面。諦めムード全開のTLアンテナ仕様しかも地上に対してほぼ垂直の
角度。秘匿性ではなく感度最優先の角度。まさかハムの人…?そんな訳ないよねぇ~。
車名エンブレムの下には5連星モチーフのステッカー。


このステッカーを貼っているレガを見たらまずは覆面と期待せよ。


BLレガだがこちらは後期型。やはり例のステッカーを貼っているな。ありがたいねぇ~。


パンダを見ていこう。手前Y31セドレーダーパンダ。奥には180系クラウンパンダとBMレガ
パンダ。


セドの対空表示は「606」だね。交機所属機だ。そしてBMレガの方に目をやると昇降式
ユニット部分に漢字一文字でマーキングが。


「釧」マーキングから本隊所属機である事が判る。釧路機動警察隊の自ら小隊機。


こちらも新しい部類に入るおもちゃだ。E26キャラバンの事故処理車両。


先代のE25キャラバンと。ナイスショットです。


場所を署の裏手に移す。こちらにも捜査用覆面が沢山。素晴らしい署だ。釧路署。


ありがたいアンテナを付けたのがごっそり居たという。ナンバーデータ、しっかり頂きました。


で、今回最大の注目株がコレ。240系アリオンなのだが、エンブレムの位置が車名、グレード
共に純正と異なる位置に。爆笑捜査用覆面のキザシで法則が破れたが、この車両が
配備になった当時は、捜査用覆面でボディーカラーがホワイトの場合、道警ではおっと
これ以上は。贈り物で定番の一品。それはハム。なんで急に中元や歳暮の宣伝してんだよ。
判らない。なんだか無性に。


ゼロの所、なんかくり貫かれてないかぁ?いやいや気のせいだろ気のせい。万が一にもまさか
ハムの人の覆面だったらこんな通りから面した所に、しかも一番肝心な部分を見せて無防備に
駐車してないだろー。誰だよゼロの所からピンホールカメラが覗いてるなんて言ってるのは。
そんなの知らない。そんな車両があるなんて知らないもん。今後も皆様からのエンブレムが
おかしな位置にずらされているアリオンの情報をお待ちしております。



インバイト社のウェアラブルカメラが届いた。I saw Extremeだ。フルハイビジョン60fpsで
ビデオ撮影が可能。本体の他にカメラ固定用のアームと防水ハウジングが付属。自分は
その中でもこれらパーツを選択して相棒に接続する。


本体。手のひらにポンと乗ってしまう程小さい。これで何度も言うけどフルハイビジョン
60fps。悪用する人もいるだろうなぁ…。これ。オマエが言うなオマエが。


背面には設定確認及びモニターを兼ねる液晶が。GoPro社のHRE3+ではこれがオプション
だったので、こちらを選んだ。


追加したブラケットに装着。見る者に与える心理的影響は更に大きくなるだろう。それも狙いだ。


付属のアームを使って前方にせり出しさせているのでストロボやレンズのケラレ無し。


ブラケット部分がおかげでスッカスカになっているが、これを生かして持ち運び時のグリップに
できる。だからこれでイイ。


後ろから。コラァァァ!!何写真撮ってんだぁぁ!!ってこれに向かって警官が噛み付いて
来るんだぜ(笑)。こりゃすげぇや(笑)。これでスチル撮影と同時にビデオ撮影も可能に。
ネズミ捕りで飛び出していく警官をYouTubeにアップできる日も近い。