世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/12/Text No.17



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
おっとぉ、コイツは当サイトでは初登場の個体だな。ナイスショットです。ユーロアンテナ
から伸びる同軸ケーブルが大変ありがたい。ナンバーは「帯広300 て 24-85」だ。
十勝機動警察隊所属と見て間違いないだろう。こいつの前後賞の存在も充分考え
られる。盛り上がって参りました!


ルームミラーは上下2段式。いいねぇいいねぇ。新しい標的の登場ってのは嬉しい事だ。
今後も皆様からの覆面パトカー情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィパンダ画像。ありがとうございます。撮影は
愛知県知多市。同県警知多署所属機との事だ。対空表示は「知1」。今更だけど、漢字+
アラビア数字の表記って外人さんが喜びそうなディテールだよな。映画「パシフィック・リム」とか
見ててもそういうテイストあるもんな。クラウンに変わって続々とその台数を増やしていくレガシィ
パンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたパトカー秘密基地画像。ありがとうございます。秘密しちゃ
いけねぇよなぁ。なんでもかんでもさ。という訳でもどういう訳でも。交機分駐所。なんと素晴らしい
響きなんだろうか。本籍変えるかな。どっかの分駐所に。話しを戻す。撮影は鳥取県警交機
東部分駐所。ワーオ。敷地を同じくしてココには運転免許更新センターがあるという。重大な
ヒントが隠されているわけですな。しかし残念な事に数年後には免許センターと分駐が切り
離される計画が進んでいるそうだ。ずっと一緒でいいじゃんよねぇ。こうして撮影できるんだから。


200系クラウン覆面。ダブルミラー仕様で前面警光灯はグリル内部に。ナンバーは「鳥取300 に
32-78」だ。キッチリ押さえておこう。


更に気になるのがこのガレージには居る。右の2台だ。


2代目インサイト。ナンバーは連番。捜査用なんだろうけど、交機の分駐に居るってのがいい。
ナンバーデータはしっかり押さえさせて頂きました。ナイスショットです。


再び200系クラウン覆面。獲物を物色中の「32-78」。


時間と場所を変えて同「32-78」。運転している人間も同一。褒められたステアリングホールドとは
思えない。こいつはもっぱら同県岩美郡岩美町方面 国道9号で、脇道に潜伏してそこから本線に
ダッシュという手口で稼いでいるそうだ。国道9号、期待できるエリアって事だ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は高知県
高知市。同県警高知南署地域課所属機との事だ。対空表示は「M05」との事。一発目の愛知県警
BMレガの所では漢字+数字がカッコイイって書いたけれど、これもいいな。なんでもいいんじゃねぇか!


そしてこちらは180系クラウン覆面。こちらも高知南署所属機だそうだ。交通課だろうなぁ。事故処理
現場での撮影だそうだ。事故処理に覆面を投入するのが素晴らしい。色々な意味で。ナンバーは
「高知300 ち 42-52」だ。


同じ180系クラウンでもこちらは前面警光灯がグリル内部に。南国警察署所属の「高知300
つ 47-51」だ。こちらも事故処理に従事していたそうだ。そういう時でも正体を明かして活動。
いいですなぁ。



8月に予約しておいた1/18スケールミニチュアモデルカーがようやく発売に。長かったなぁ。
だが、この年の瀬に嬉しいプレゼントだ。いや自分で買ったんだけどさ。


トヨタ スプリンタートレノ(AE86) イニシャルD プロジェクトDバージョン。早速見てみましょう。


伝説のパンダトレノ。よく出来ております。オートアートだもんな。信頼のブランド。


ワタナベのバナナスポークホイール。もちろんリトラのヘッドライトは開閉可能。


劇中ではフロントよりもむしろリアの方が描かれている印象が個人的にはある。リアももちろん
カッコイイんだよ。


マフラーもマットガードのディテールも、タイヤのパターンに至っても再現されている。凄い。


ボンネット、左右ドア、リアハッチをオープン状態にする事も可能。


エンジンは換装された「2代目」エンジン。TRDグループA用の「ヤバイ代物」だ。


4連スロットルに加えてエグイと表現されたエキマニもキッチリ再現。錆びている所も含めた質感が見事。


室内。フルバケに換装されたシートはもちろん、例のあのメーターも。


1万1千までキッチリ回せ…。


一時、1/18スケールのモデルカーを結構買った時期があり、「もう買わないぞ!」って決めていたのだが、
このハチロクがモデル化されるのであれば話しは別だ。「悪魔のZ」とか「環状仕様のワンダー/グランド
シビック」が出てきたらちょっとヤバいかもしれないけれど。


神奈川県警高速隊のR32 GT-Rと並べてみる。パンダ繋がりって事で。


こうやって見てみると、32GT-Rがいかに大柄で、ハチロクがいかに小柄なのかが判る。