世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/12/Text No.16


今年の6月に古屋国家公安委員長が、速度違反取締り等の現状の方法や状況をもって
「取締りの為の取締り」と表現。そのあり方について疑問を呈した件について動きがあったようだ。
当サイト情報提供者の方々よりそれに係る報道記事をいくつも教えて頂いた。ありがとう
ございます。当初の同公安委員長の発言においては先の「取締りの為の取締り」に加えて
「制限速度時速40キロの所を時速40キロで走るドライバーは居ない」とも発言。捉え方に
よっては違反を容認、あるいは取締りが厳しすぎるとも取られかねないとして、交通事故死者
遺族の会からは正式に抗議文が寄せられ、また、北海道公安委員長にあっては取締りの
最前線に立つ警察の各所各隊に対して、古屋委員長の発言に萎縮する事の無い様、
これまで通りの取締り体制を維持するようにと達しを行なう展開に。要出典。だが事実だ。

数年前の自分なら、古屋委員長の発言に「その通り!」「良くぞ言ってくれた!」と単純に
思い、自身のしているムキィィィ!!な行為を更に正当化するような記事を書いただろう。
しかしなぁ、同委員長の言っている事って違反した人間の答弁にも聞こえちゃうし、そういう
発言を警察の親玉がしちゃいけないよとも思った。この件に関して現場の警官からも「どう
思う?」って聞かれた時にも実際そう応えたもんだ。で、そんな発端から数ヶ月、今後の交通
取締りについて具体的にどうなるのか。

取締りや各規制による事故抑止効果と必要性について、まずは国民に対して説明する事。

そんな事を今更しなくてはいけない程、今の交通取締りのやり方っておかしな事になってたんだ
なぁと思ってしまいそう(笑)。ノルマなんてないもん!などとピュアな心で取締りを(以下略)。
ノルマあるからなぁ(笑)。で、警察庁から全国の警察に対して上記の件について資料として
まとめて公表するようにとの宿題が出されたそうだ。これは見物だ。道警がなんて答弁するのか
想像すると今からなんだか笑える。せいぜいキレイごと並べろ。で、もう一つの動き。

これまでは幹線道路においてのみ(あるいは大半で)オービスや設置式等の速度取締りを
行なってきたが、今後においては「小型移動式速度測定器」なる物をを歩行者の多い
市街地に設置して取締りを行なう。

という方針を打ち出してきている。小型移動式速度測定器(笑)。なんだそれ(笑)。三菱電機も
パナソニックも速度測定(取締り)装置の市場から撤退し、今は日本無線のみとなっている現状で、
新兵器の開発を進めるってのか。面白くなってまいりました。新兵器が出てくるまで、警察が
宿題を出すまではまだまだ時間がある。それまでは今まで通りのネタを回収できる。どう転んでも
我々のネタは潤うって算段だ。今後も皆様からの取締り情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。厚別署
交通課所属機。コンビニ駐車場での撮影。こちらから声を掛けると「歳末警戒中なんです」との
事。交通課も年の瀬の平和維持に努力しているんですなぁ。


コンビニの明かりと赤色灯。コンビニ強盗防止の啓発ポスターに使えるな。


定番の鉄チンホイール+マークXホイルキャップ。今は最もタマ数の多いパンダの一つと言える
だろうが、もちろんこれとていずれ退役していく。クラウンは後継の200系を最後にパトカー入札
投入を終えた。いずれはコイツも珍しいパンダと言われる時期は来る。その時までにウチの
サイトはやっているだろうか…。無理っぽいかもな。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。180系クラウンパンダが
臨場し、奥の雪山の陰には事故処理にあたる警官の姿も。何があったのか。


事故処理車両の後ろに転がる自転車と、その後ろの車両が当事車両。クルマ対自転車の事故。


テッカテカの凍結路面でも自転車は飛び出してくるし、クルマはもちろん急に止まる事はできない。
「こんな道路で自転車乗るなよ(笑)」とにわかに信じ難い行動だと思いがちだが、こんな道路で
自転車に乗る人種ってのは存在する。クルマを運転する以上、そうしたリスクを考慮した上で運転
しなくてはいけない。過失の割合は間違いなくクルマの方が高い。明日は我が身。気を引き締めて
運転に臨みたい。



こちらも痛ましい事故現場画像。当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。クリスマス
当日の事故だそうだ。よりによってこの日にとも思ってしまうタイミング。だがこうして事故は起きて
しまう。安全運転しなくちゃな。マジで。