世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/12/Text No.06



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。撮影は
苫小牧市高丘方面 国道276号。


現場を地図で確認。札幌交機苫小牧分駐が待ち構える定番ポイントだ。


このポイントの笑える所は、速度違反に注意喚起するパトカーダミー看板の下に本物が
隠れている点。マヌケな事この上ない。で、この撮影後、レーダーパンダは急に用事を思い
出したらしく、現場を後に。そしてどういう経路をとったかは可哀想なのであえて書かないが、
待伏せポイントから南下した緑ヶ丘公園内の公衆トイレへ。あー、トイレ行きたくなったんだ。
逃げた訳じゃないのね。


はいトイレタイム。


ドラえもんは交互にトイレ。パンダに人を残しておかないとな。


ちなみに声掛けは一切無し。札幌交機苫小牧分駐はシャイだからな(笑)。


三菱電機特機システムのRS-710CD。これで速度を測定する。


外突規制にものの見事にひっかかる形状。現在配備が進む新型パンダにコイツが流用される
事は無い。また、三菱が速度測定器の分野から撤退した事もあり、レーダーパンダという
存在自体が今後は消滅する可能性も。そうはならないで欲しいものだ。ネタが減る。


助手席ダッシュボード。満年令と西暦早見表なる紙が貼られている。


その下にはRS-710CDの操作ユニット。


トイレタイム終了。


この後、また高丘のポイントに戻る事無く市街地へと向かったそうだ。おやおや。


今後、いや現時点でも「稀少」と言っていい170系クラウンのレーダーパンダ。だがこうして
実際に第一線に投入されている。いいねぇ。


今更だが、コイツには対空表示が無い。そういう個体もあるんだね。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。乗用車
2台が関係する事故だ。


不幸中の幸いにして人的被害は軽微だったようだとの事。


高級車2台による事故。被害金額を想像するとこれまた切ない。事故は嫌な物だ。


そしてこちらも事故現場画像。180系クラウンパンダが交通規制。


対向車線側では現場検証が行なわれている。


白の車両が当事車両。この車両とバイクが衝突したそうだ。


右側リアを損傷。恐らくはだが、この車両が分離帯の切れ目で急旋回し、後続のバイクを
巻き込んだのではとの事。


フロントを大破させたバイク。なんとも恐ろしい光景だ。ライダーは病院へ搬送。安全運転
しなくちゃな。マジで。