世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/11/Text No.13



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。撮影は
神奈川県 横浜市都筑区荏田南町 県道13号。


現場を地図で確認。キッチリ押さえておこう。


測定器だけを上空に配置して操作係は半地下に配置。できるだけ目立たない様に配置されて
いる。ガードレールもうまく利用している。使用機器のJMA-240については分度器を外している
使用方法。マニュアルによると分度器は「傾斜角度測定後であれば」外してもイイとあるようだ。
どうして外す必要があるのかと疑問に思ってしまうのは、私が素人だからなんだろうな。


ジュラルミンのケースからアンテナのエレメントが伸びているのが判る。


停止係。こちらは路地に隠れていてドライバーからは完全に見えない。面白いのはコイツが
着ている服。黄色のジャンパーって凄いな。


ハイ検挙。背中には神奈川県警察の文字が書かれてはいるが、一瞬「なんだオマエ?」に
なってしまいそう。


サイン会場へと引きずり込まれる。


撮影時はこのワンボックス一台のみ。逃走車両発生を考慮しての追跡用車両のスタンバイは
無かったそうだ。情報提供者の方は過去にここで検挙された事があったそうだ。それでいて
なお情報提供していただいた心中、察するや余りある。感謝です。



当サイト情報提供者の方より頂いたユーロタイプ無線アンテナの取扱説明書画像。ありがとう
ございます。先日の2013/11/Text No.02記事で主にTA型アンテナの取説画像を紹介させて
頂いたのだが、今回のコイツはユーロタイプ。しかもこれから出回るであろう「新商品」だ。これまでの
ユーロアンテナとは決定的に異なる点がある。弱点でもあった同軸ケーブルが外部露出してしまう
事を改善。コイツは面白くなってきた。早速詳しく見ていこう。


取説には型番が2つ案内されており、その内のマグネット取付型のMG-UV-TPは従来品。で、
目玉になるのが穴開け取付型のWH-UV-TPだ。日本アンテナのWH-UV-TP。覚えておこう。


取付方法。ルーフに穴を開けて装着しなさいと指示されているが、納入された車両に穴開け
加工をを追加する必要は無い。純正のラジオアンテナとコイツを取り替える形で装着すれば
良い。ルーフの穴からケーブルを車内に引き込むので外部露出無し。進化したねぇ。元々が
ユーロタイプのラジオアンテナ仕様の車両であれば、コイツに換えてもほとんど判らなくなる。ドル
フィンタイプのラジオアンテナ車が今後増えていって欲しいと願うばかりだ。そして元々ルーフにラジオ
アンテナが無い車種も存在し続けるであろうから、そういう場合は今後もマグネット式を採用すると
思われる。キザシなんかそうだよね。


こういうのとか、


こういう残念な子は今後も存在し続ける可能性もある訳だ。それはそれで楽しい。


既存のMG-UV-TPとの性能差は全く無し。取付方法と付属品が異なるだけだ。


ユーロタイプラジオアンテナとコイツの外観上の見分け方は一点のみだそうだ。無線アンテナの方は
エレメント先端が光沢のあるプラスチックになっているという。ラジオアンテナはオールラバー仕様との
事だ。これを見分けるのはかなり難しいかもしれない。だが、そこが面白い。今後も皆様からの
情報提供をお待ちしております。



ガスガン購入二丁目。モーゼルM712。マウザーって言った方が更にカッコイイ。C96のバリエーションの
一つ。マウザー・シュネルフォイヤー。


オート式拳銃でありながら、マガジンがグリップ内ではなくトリガーの前方に配置される。独特のスタイル
故にインパクトもある。


ドイツ帝国時代の銃。クラシックだが数々の映画・コミック・アニメに登場。ゲームではバイオハザードや
メタルギアシリーズに登場。


※画像はアニメ「人狼 JIN-ROH」より。
自分の中ではケルベロスシリーズでのイメージが強い。特機隊、とにかくカッコよかった。


別パーツとなる木製ストックを装着した際に調節するタンジェントサイト。こういうディテールがいちいち
カッコイイ。


飾る。撃たないよ。


こうなってくるとリボルバーも欲しくなるなぁ。いい加減にしないさよ。