世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/10/Text No.18



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。ネクスコの
事故処理車と200系クラウンパンダが臨場。手前の赤旗を持っている方はネクスコの
作業員。ドラえもんの服に似ているが違う。


こちらはドラえもん。当事者から事情を聞いている様子。交通規制がしっかりしている
為だろう。路上に立ち尽くしたり座り込んでの聞き取りだ。後ろから前方不注意のクルマが
突っ込んでくる事は絶対に無い。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィパンダ車内画像。ありがとうございます。
どこの県警のどのイベントでの物とは言わないが、同車の体験搭乗時の物で、担当の
警官からは「車内の撮影はダメ!」と言われていたそうだ。しかし直前に体験搭乗した
親子連れにはそれについてオッケー出していたそうだ。それを踏まえた上でのこの車内画像。
ナイスショットです。イベントでも横柄な態度取る警官って居るからな。イベントなのに捜査用
覆面を皆から見える所に不用意に駐車させていた間抜けな署もあるけれど。そう言えば
警務課のタカハシ君へ電話してねぇな。もう少し寝かせておいて、ネタが切れた時に電話
してやるか。話し聞かせろよ。←こういう事書くとまた苦行僧が(以下略)。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ画像。ありがとうございます。もうすぐ冬が始まる。
それまでのラストスパートだ。半年はこれで稼げなくなるからな。黒の革ジャンパーはこの時期
特有の物だが、この隊員はマスクもしている。面白いなコレ。今後も皆様からの活動期間
残りわずかな白バイ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたクラウンパンダ画像。「最後のクラウンパトカー」と言える
200系だ。トヨタは今後はマークXをパトカー機種として入札に臨む。クラウンの持っている
高級車というイメージを回復させる為なのか、それともパトカー納入の仕組みを知らない
市民から警察へ「高級車をパトカーにして!」という苦情を受けてなのか、現行の210系
クラウンは入札に参加させていないようだ。実際の所は判らないけれど、とにかくクラウンの
パトカーってのは数を減らしていく一方という見方が強い。



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。
おやおや、これはこれは。鉄板グレードのA20ではなくA15ですな。ハムの人じゃねぇか(笑)。
お歳暮でボンレスとかロースとかを配る人の事ですよ。ハムの人って。それ以外の事は全く判り
ません。この個体はありがたいアンテナを取り外した後がそのまま残されているのがありがたい。
ま、各御家庭にハムを配り歩いているだけなんだから、それでも問題ないか(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いたインサイト捜査用覆面画像。ありがとうございます。
こいつはハムの人じゃないよ。本部隣の青空駐車場にいっつもぶん投げてあるヤツだなコレ。
コンビニの駐車場の一番端に止まっていたそうだ。バレるもんはバレる。ありがたいアンテナ
装備が大変ありがたい。ナンマンダブナンマンダブ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダお客様画像。ありがとうございます。
整備でお越しのご様子。いいですなぁ、北海道のホンダディーラーだとこういうのには巡り合えない。
栃木県だときっとこれのホンダ版が見られるんだろうなぁ…。本来の任務に就いていないパンダの
姿って、それだけでなんだかワクワクしてしまう。皆様からの情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた交番パンダパトロール画像。ありがとうございます。撮影は
厚別区厚別町上野幌 JR上野幌駅。コイツは同駅脇を走る国道274号での赤無視
取締りの為にルーレット中。


この信号での違反をひたすら待ちわびて、違反がなければ一度国道を横切り、再度転回して
ここの交差点に付く。これを違反車が現れるまで何十分と続ける。他にやる事もあるだろうにと
思ってしまうのは素人。これが今やるべき最も大切な事なんだよ。あーわかんね(笑)。


現場を地図で確認。過去に何度も記事にさせて頂いた定番ポイントだ。二つの信号が狭い
間隔で配置され、色が変わるタイミングは全く同一。一発目の信号を黄色で突っ切った場合、
二つ目は間違いなく赤色。しかい一つ目の信号で勢いを付けて入ったドライバーは二つ目を
「行ってしまえ」と思って無視をしてしまう。そういう所にはちゃーんと警察が居るって事だ。安全
運転、道交法順守で行こうぜ。取締りを回避する最大のテクニックがそれだ。