世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/10/Text No.15


当サイト情報提供者の方より道警による「使用済み車両の売り払い契約」が告示されていると
教えて頂く。ありがとうございます。道警サイトの「入札などのお知らせ」を見た所、その中
には捜査用覆面として使用されていた車両も含まれている。V35スカイライン、鷹目GDA
インプレッサWRX、240系アリオン等々。もちろんファイルにはナンバーも記載されている。
捜査に影響を及ぼす事がもう無いから公表してるんだな。ファイルにあった車両の何台かを
過去に撮影の画像で振り返ってみよう。


240系アリオン「室蘭500 て 99-44」


240系アリオン「札幌501 ほ 32-58」


鷹目GDAインプレッサWRX「札幌301 つ 25-53」


鷹目GDAインプレッサWRX「札幌301 つ 25-54」


エアトレック「札幌300 ら 22-13」


BLレガシィ「札幌301 ち 11-99」


V35スカイライン「室蘭300 ち 86-97」

リストにはまだまだ沢山の車両がナンバーと共に記載されている。これら車両の保管場所は今年の
4月11日付で当サイトで記事にさせて頂いた手稲区の札幌運転免許試験場の向かい。その当時の
画像も併せて振り返ってみよう。


老兵は死なず ただ消え行くのみ。切ない光景ですなぁ。


これらバスも売り払いの対象。


R50テラノ遊撃車。


A32セフィーロ。幹部用ゲタ車だったのかね。


オートカバー仕様の240系アリオン。これら車両も全て今回の売り払い車両のリストに入っている。で、
警察車両の売却という事で、告示や仕様書には落札後の車両扱いについて条件が書かれている。

売払条件:解体を条件として売払うものとする。詳細は、仕様書による。
仕様書:装備品(パトライト等)、警察マーク等については破壊し、「北海道警察」等の表示のある
車両については、当該表示部分をスプレー等で消去した状態で引き渡す。契約業者は、引渡しを
受けた車両を部品として以外は転売してはならない。ただし、警察車両特有の白と黒の2色で塗装を
施している車両及び一見して警察車両とわかる車両(以下「白黒パトカー等」という。)のボンネットや
ドアなどの外装部品については、一切転売を認めない。

まずは解体が前提。そして部品として販売できるものは警察車両のそれと判らないものに限る
という事だ。昔、この手の解体警察車両は「ネジ一本も転売してはならない」と聞いた事があったが、
それは大げさというのがここで判る。今回の車両が売り払われた後、同廃車置場にはまた新たな
(言い方変だけど)廃車待ちの車両が運ばれてくるという事かね。来年の4月には自分も是非見に
行ってみたくなった。



当サイト情報提供者の方より頂いたキザシ捜査用覆面画像。ありがとうございます。コンビニで
買い物中。いいですね。防犯効果にも期待できますし、我々もこうして撮影できます。今後も
続けるように。札幌圏に配備のキザシは登録時に連番化を避けるためにその数字を「散らして」
登録。しかし「キザシショック」によりナンバー以前に「車種そのもので覆面だとばれる」事態に。
周囲への認知度が非常に高い捜査用覆面。それがキザシ。今後も皆様からのキザシ画像を
お待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた埼玉県警主催の交通事故防止バイクミーティング画像。
読んで字の如しの内容で、相次ぐ県内での死亡交通事故を受けての物だそうだ。素早い対応、
対策。いいですなぁ。道警ってこういうのやった事あんのかね。あったのならごめんなさい。あんまり
こういうイベント行事には道警の積極的な所を見た事が無いもんで。知らないのはオマエだけだよ。
あーそうですか。


二輪車による事故回避、安全運転テクニックをレクチャーする内容だが、もちろん「一般車」もその
講習に登場。パンダを持ってこないで覆面を出してくるのもニクイ。素晴らしい。同県警180系クラウン
覆面の「大宮301 ひ 99-50」だ。


こちらは縦長のアスペクト比が印象的。サインカー。ピッカピカですな。


同イベントにゲタとしてやってきた覆面2台。手前は警護隊所属のBMレガシィ「大宮301 み ・204」だ。
グリルに配置の前面警光灯と助手席側ドアに追加のナビミラーが特徴。そして奥の180系クラウン覆面、
コイツが面白い。交機本隊所属機だそうだが、コイツにもナビミラーが。交取覆面に装備されるのは
珍しい。ナンバーは「大宮301 ま 43-91」だ。キッチリ押さえていこう。



当サイト情報提供者の方より頂いた海外警察画像。ありがとうございます。旅先での撮影、ありがとう
ございます。中国は上海での撮影。歩道も警察ならスクーターパトロールオッケーなんですね。日本では
見る事のできない光景。


泥除けがなんだか昭和の匂いを感じさせるがこれは中国の警察。ナイスショットです。


思い切り「公安」と書いてあるのが潔い。日本で言う公安と意味合いが違うのかね。護送車っぽいですな。


ワーゲンかな?こうちらも大きく「公安」マーキング。赤と青のパトライトがいいですなぁ。今後も皆様からの
旅先での警察画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた150系クラウンレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
コイツは目前の信号機無し、だが一時停止指示の交差点を監視中。南署交通課所属機と思われる。


現場を地図で確認。パンダは道警宿舎の陰に隠れる形になる。ちなみにここは夜間の取締りは行われ
ない。夜にサイレン鳴らしたら身内に迷惑かかるでしょ。


ストリートビューで見る取締り対象交差点。これはパンダの姿は見えないわ。そういう仕組。一時停止、
キッチリ守っていこうぜ。道交法順守、安全運転だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたクラシカルパンダ画像。ありがとうございます。神奈川県警地域課
所属機とおぼしきコイツは3代目ランサーと推察される。1991年には生産を終えている。それが未だに
現役。パトライトの形やサイズもこれまたクラシカル。物持ちいいなぁ。