世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/10/Text No.09



ダマー北海道のコーナーがやってまいりました。なんだよそれ。いつからそんなコンテンツできたんだよ。
いいんだよ。今回は朝里ダム。まずはダム湖から望む。


湖畔側はこのように公園になっており、記念館も建てられている。


形式は重力式コンクリート。最もポピュラーなダムの形だね。


堤頂部分。一般車両は通行不可だが歩くことは可能。


いいタイミングで保守整備用車両が渡っていた。


ダム湖はオタルナイ湖と名付けられている。水面が反射してキレイ。和むなぁ。


なんだか仕事に行きたくなくなる光景。無職だろうが(笑)。キモオタ童貞ヒッキーだろうが。


下流側を望む。公園が設けられ、テニスコートもある。


ループ状になっているのは道道1号。朝里大橋。通称は朝里スカイループ。


自然越流式ゲートも今は吐水無し。


堤頂左岸側からの光景。


同じく左岸から見る下流側。


同ダム湖側。


先程の保守整備用車両。かっこいいぜぇ。


下流側からダムを見上げる。堤高は73.9m。「進撃の巨人」の壁みたいでいい。なんだまたアニオタか。


クレストゲートと呼んでいいのか判らないが、堤頂直下にも自然越流式の吐水口が並ぶ。朝里ダムの
かっこいいポイントの一つ。


先程見下ろした越流式ゲートを下流側から。


堤体には沢山の鳥が羽を休めている。


外敵から身を守りやすいからなのかね。


なんだろな、この鳥。


今後もダム巡りは続けていく。途中で取締りにも遭遇できる。一石二鳥だ。