世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/10/Text No.04



10月6日開催の札幌マラソン画像。今回、折り返し地点が従来の場所から変更になる。
だがこちらはやる事は同じ。旋回中の白バイを押さえたい。そう、押さえたいだけだ。
ちなみに陸協の方曰く、警察の方で何やらコース設定に提案があったらしいとの事。
それがその後の衝撃の事実にも関連しているとは。


信号操作を行なう若手の警官。申し訳ないが職質はできないがエクセルで表を作るのは
上手そうな印象の景観だった。結局操作が判らずにベテラン警官から「ここだよ」って優しく
教えてもらってた。


あー、こりゃ複雑だわ。エクセルできんなら判りそうなもんだけどな。でも、フタの裏にあるトリガー
ユニットをコネクタに差し込んで「自動」→「手動」に切り替えるだけみたいだよ。どうやら。


こういう事だったらしい。桜の代紋の下に妙なステッカーが貼られてあるのがいいね。


先陣は大会広報車。


規制予告車。ん?先行誘導車はどうした。


先行誘導に随伴して斥候役の白バイの一台でも居そうなものだがそれもない。いきなりの
規制予告車。そもそも規制予告のマーキングの意味すら無くなっている状態。


大体この規制予告車にこれだけのカットを割いている時点で、まぁそういう事なんだよ。


この後、白バイが。白バイが…。


うぉぉぉ!!!!白くねぇぇぇ!!!警官じゃねぇぇぇ!!!!いや、待て待て。これはこれで
カッコいいんだよ。ただ予想だにしなかった事態に驚いただけだ。


先頭ランナーを従えて「先導バイク」が行く。マラソンで白バイ以外が先導しているの初めて
見た。これはこれで凄い。


うんうん。カッコいいよ。


しかし白バイを撮りに来てその白バイが居ない衝撃は隠せない。陸協の方に話しを伺う事が
できた。白バイの派遣要請に関して警察は

「多忙に付き手配できず。主催者で用意するように」

との事だったそうだ。そうかぁ。大きな案件を抱えている最中なんだろうなぁ。広域犯罪とか
解決までに時間と人員を要するような難しい事件捜査が続いているとか。まぁ白バイが
それにどれだけ関わっているかは判らないけれど。なんせこちらは素人なもんで。そう、素人は
黙ってろって事だ。だが陸協の方からはそう聞いた。「忙しいんだって」と。


こりゃ来年以降の撮影に関しては事前に調べておかないとって事だな。


今年のマラソンイベントは終わった…。これからは気温も下がりやがて雪が。切ないな。


規制予告車は道警本部に帰還。交通規制を行なっているのは中央署だが、どういう訳だか
本部に帰還。そして対空表示は500番代。そのまんまの解釈をするなら高速隊所属機って
事だけどな。


規制予告シートを剥がす。


だがこの大会から3日後。3日後だ。さぁイくぜ。


はいやって参りました道警視閲式当日。マラソンの反動で、今回は白バイスペシャル。


間もなく走行展示。昨年は大人の事情でそれを自粛。今年も似たような事情なのに自粛
しなかったんだよな。いやその方がありがたいけれど。


さ、出発です。


いってらっしゃい~。


女性隊員はノースウイングスのユニフォーム。なんか久々に見たわ。


会場入り。


展示中のBGMはやはりミザルーとヴァーサス。


こうして見てるとカッコいいと思うんだけどなぁ。


公道じゃいっつも陰に隠れて見つかると逃げるからな。こういうのを公道でもやってくれよ。


CB1300P、かっこいいなぁ。


ちなみに今回も転倒無し。良かった良かった。


日頃の訓練と前日リハーサルの成果。一糸乱れぬ動きだ。


どうして札幌マラソンの先導断ったのかねぇ…。忙しかったからだって言ってたろ。


3台同時旋回。


公道で白バイを見かけるのもあと僅かだなぁ。


無事終了。おつかれちゃん。