世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/09/Text No.08



当サイト情報提供者の方より教えて頂いたパトカー事故報道記事。ありがとうございます。画像は
msn産経ニュースサイトより。道央道深川市方面で違反車両追跡中のパトカーが他の一般車に
衝突。追いついて来るパトカーの居る車線にわざわざ入ってきて追突されたようだ。この事故で
道央道深川~旭川鷹栖が上下線とも通行止めに。これ、双方の過失割合が気になりますなぁ。


これは事故直後の物。当サイト情報提供者の方より。ナイスショットです。赤色回転灯を消すのも
忘れてこの状態。200系クラウンだよなコレ。あーあ。本件に関しては当サイト情報提供者の方より
このようなメールも頂いている。ありがとうございます。

本日夕方の道央道 深川-旭川鷹栖間の事故通行止めについては高速隊が関係している
事故だと思われます。上り線(札幌方向)の事故であり、当事車両はブルーシートで隠されていました。
またそのブルーシートの囲いの上からは白い車の屋根と赤い回転灯が、高速道路と交差する国道
12号線の上り線からも確認できました。ただ写真が無いのが残念ですが、上り線での事故と思われる
のに、上下線通行止めにするのはパトカーが絡んだ事故だからと、私は考えております。場所については
数年前に200系クラウンの覆面が全損事故を起こした場所とほぼ一緒で、国道12号線の深川市街地
付近と道央道が交差する付近の上り線だと思われ、搬送車両と思われる車が1~2台見えました。
深川市の道の駅付近の交差点は深川ICで降りてくる車と、深川ICから乗る車とでかなり渋滞していました。

との事だ。パトカーが事故るとブルーシート登場(笑)。これ定番の対応。上り線の事故なのに下り線も
封鎖したのはなんでなんだろうねぇ~。破片が反対側にも飛び散ったんだもん!へーそうかい。


画像を撮影して頂いた情報提供者の方はその後、旭川鷹栖方面に向かう際に救急車や「応援」に
駆けつけるパンダ3台(物凄い速度だったそうだ)、事故処理車、ありがたいアンテナ装備のキザシ(!)が
現場へと向かっていくのが見えたそうだ。ちなみにこのパンダ、前部はもちろん後部も大きく破損していた
そうだ。スピンしたんだろうな。あ、この件で一番気になる点なんですが、追跡していた違反車両って
どこ行ったんでしょうか。ねぇどこ行ったの?



当サイト情報提供者の方より頂いたツール・ド・北海道画像。ありがとうございます。一ヶ月以上の
記事日付とのズレ(笑)。もう笑うしかないわ~。記事を日付ではなくて通し番号で綴っていこうか
とも思うが。ここでする話しじゃねぇよ。さ、本番行くぜ。


自転車競技の斥候役を務めていたのはコイツ。おぉぉ!懐かしい機体じゃねぇか!J31ティアナの
レーダーパンダ仕様。


懐かしいねぇ。札幌圏の第一線では見かけなくなった。


対空表示は613だったそうだ。交機ではもう使用していないと思われるので表示をそのままに所轄に
お下がりにしたという事かね。倶知安署所属?


エンジン音に異音が混じっていたそうだ。ガラガラガラみたいな音。ロートル機だもんなぁ。


規制予告車。こちらは新型。200系クラウンパンダ。


マラソンの時よりもかなり速い速度で通過。自転車競技だもんな。


対空表示は636。


ナンバー連番の同型機。「先導」だ。


対空表示も連番なんだね。637。この後いよいよ選手がやってくる。


来た!やはりかなり速かったそうだ。


先頭は後方を大きく離して5台程度のグループでレースを展開。


オフィシャルカーも猛追。


車両スポンサードはスバル。かっこいいぜぇ!


シマノのマーキングが大きく入ったレガシィワゴン。


カッコいいなぁ。


第2集団。


続々と選手達が通過。


更にそう後方からは各選手、チームのサポートカーが随伴していく全車XV。すげぇ~。


次から次へとどんどんやって来る。


XVオーナーズミーティングみたいな光景。


しんがりは180系クラウンパンダが務める。


対空表示は615だったそうだ。ルーフに今大会用にアンテナを後付けしている点に注目。
今後も皆様からのパンダ画像をお待ちしております。競技エスコート時から大破時のものまで、
幅広くお待ちしております。