世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/09/Text No.07



当サイト情報提供者の方より頂いた巨大客船画像。ありがとうございます。かなりの距離を
置いての撮影のはずだがこの大きさ。凄いぜぇ。近くで見てみよう。


船の名はボイジャー・オブ・ザ・シーズ。世界最大級の客船で、同型艦が全5隻(!)。こちらは
その1番艦だそうだ。ボイジャー級って事ですな。2番艦以降はエクスプローラー、アドベンチャー、
ナビゲーター、マリナーの各以下オブ・ザ・シーズが存在するそうだ。


夕暮れとボイジャー級。キレイだ。ナイスショットです。


すげぇなぁ。こんな船に乗って旅してみたいなぁ。一生無理だろうな。客室は1,500以上。船内施設
にはなんとスケートリンクまであるそうだ。他にもバスケットボールコート、ロッククライミング施設も。すげぇ。


船体上部がライトアップ。手前の大型バスと比較してもその巨大さが判る。全長は約311m、高さは
63mにもなるそうだ。空母並って事か。すげぇ。


なんだかワクワクしてしまう光景。乗れないんだけどさ。それこそ映画「タイタニック」の冒頭、ジャックが
賭けに勝って乗船券を手に入れた時のワクワク感のような。その後沈んじゃうけど。でも本当、船に
乗って旅してみたいなと思う。いいなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。撮影は
北広島市北の里方面道道46号、通称ローソン前だ。定番ポイントだ。見に行けば当たりを引く
確率が高いって事だ。


民家敷地の一部を許可を得て待伏せ場所に使っており、長年に渡ってここでセットポジションの為の
転回、検挙時のスタートを繰り返すので草は生えず、地面はえぐれて不陸が発生している。


現場を地図で確認。キッチリ押さえたい。上でも書いたがここは本当に期待が持てる。カメラの準備はいいか。


これまでも、そして今回もそうだが、ここでは「カメラが来ると途端に別の用事を思い出してパンダが移動する」
という謎の現象が起こる。決してカメラが来たから逃げている訳ではない。誰だ笑ってるの(笑)。


謎の現象発生まで、3、2、1…


出たー!同現象の発生はカメラ到着後最短で数秒、最長でも5分程で発生する。


違うもん!カメラが来たから取締り止めたんじゃないもん!そんな事で道路秩序の維持止めないもん!
他に用事思い出したんだもん!はいピュ。


度重なる事故で覆面もパンダもその絶対数を失いつつある札幌交機。忙しいって事なんだろ(笑)。


さよーならー。次は今回の撮影から翌日の同ポイントの様子を見てみよう。


居る。素晴らしい。こうでなくちゃな。安定のローソン前。


で、今回も例の謎の現象が起こる。


逃げろ~!いやだから逃げてる訳ではないんだと思うよ(笑)。そう思ってあげないと。


今回も謎の現象発生までに1分もかからなかったそうです。凄い。


前回は180系クラウンパンダ、今回は170系クラウンパンダですな。あれ、そういえば最近V36スカイラインの
レーダーパンダを見かけませんが、何かあったんですか(笑)。


元は厚別署交通課所属機だった機体。


南幌方面に転進。そっちに用事があるんだな。どうせ別の場所で同じ事するんだろうけど。


この信号待ちの際に、パンダの目前をトレーラーが完全にアウトのタイミングで信号無視で横切って
いったが、それについては我関せず。同時に二つの事はできないんだろ。今は逃げている最中だから
違反を現認しても何もしない。こういうシーンを過去何度も見てきた。いい加減なんだよ。嫌だ嫌だ。