世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/09/Text No.04



提供君が思いの他好評だったので再登場してもらっての西区道警庁舎関連画像の続き。今回は
白バイとパンダと覆面で行きます。しっかし↑コイツの言い放った「不祥事なんか知った事か」は
素晴らしいお言葉でした。不祥事の事など気にせずに俺はサツ(死語)として生きる!!ってか(笑)。
誰だそこで笑ってるの。提供は― おいCM入れるんじゃねぇよ。画像原版の送り先でもかなりウケ
良かったよ。提供君。隊内でも一躍評判かい?せいぜい携帯の画像見せて回ってろ。こっちも
すげぇ事やってるから。←冗談です。そんな事やあんな事してませんって~。


さ、気を取り直していこう。まずは自ら隊だ。シャッターが開くとそこにはパンダ。いいねぇ。


180系クラウンパンダ。ボンネットが開いているだけでもなんだかカッコいい。


ちなみに自ら隊隊員からも声掛けあり。しかしその物腰や言葉遣いは提供君とは大違い。提供君の
事を話すと「嫌ですね~、もう…」と苦笑い。


朝10時前後に夜間警らを終えた車両と、日中の警らに出る車両を入れ替える。


警ら任務前の運行前点検。灯火類の点灯に続いて


赤色灯、サイレンの点検。こういうの大事だよね。


庁舎正面入口側に「遠回り」して出て行く。


次は白バイ。赤色灯、スピーカーを外しての訓練。


CB1300P。かっこいいなぁ。


バンクしている車体と地上との隙間を見るとほんの数センチ。


立ち上がりで加速。


再度バンクへ。


パイロン側へ思い切り倒していく。


ギリギリ。すげぇなぁ。


そして次のパイロンへ。


ここからは交機四輪。期せずしてコイツもやってきてくれてありがたい。札幌交機苫小牧分駐
所属の「室蘭300 て 79-72」だ。朝から本部に呼ばれてどうしたのよ。もう殉職事故起こすなよ。
しかもあの時事故の原因を道路の欠陥としてふっかけて門前払い受けただろ。まぁいいや。そっと
しておいてやる。もう充分いじった。


ユーロアンテナにリアエンブレムレス。いいね。教材とも呼べるスタイルだ。社外のアルミホイールを
装着している点ぐらいか、イレギュラーな所は。


厚別署交通課より横取り40万円した170系クラウンレーダーパンダ。コイツは撮影を逃れる為に
黄色信号で強引に右折。


撮影から逃げてるんじゃないもん!急いでいるんだもん!任務だもん!はいピュ。でも黄色信号で
突っ込んじゃダメだよ。しかし後続のもう一台は完全に餌食に。


信号待ちなのでもうどうしようもない。助手席なんかずっとスマホいじってんだもん。違うだろ(笑)。まさか
写るのが怖くてうつむいている訳じゃないよね。そんな訳ないよね。だったら職質ぐらいかけてくるよね。


行ってらっしゃいませ~。


現存情報をバンバン集める事ができる。最高だね。コイツは高速隊からのお下がりの「札幌301 の
・136」だ。連番の「・137」と並んで、最も息の長い覆面。そろそろ退役かね。


コイツは最初に登録された時から一切のナンバー変更無し。交機に回されたヤツは全部ナンバー変更
したんだよな。それを陸運支局に出入りした際に速攻で押さえられり、一週間もしない内に全部
新ナンバーも押さえられた。情報提供者の皆様に感謝です。


「札幌301 ひ 13-94」だ。


バンパー中央にくぼみがあるのが特徴で、もう何年もこの状態。大きな特徴の一つになっていてありがたい。


こちらは「13-92」だ。


アンテナ曲がってんぞおい(笑)。


カメラを避けるために正面入口から戻ってきた「札幌301 ま 66-85」。カメラから逃げてなんていないもん!
ハイハイうるせぇよ。


廃車手続きを待つ170系クラウン覆面。敷地の端で今は残り少ない余生を送る。切ないね。


「札幌301 す 96-78」だ。反転式赤色灯が外されている点にも注目。


現役当時、在りし日の同車。鉄の腕は萎え 鉄の脚は力を失い 埋もれた砲は二度と火を吹く事はない。
狼も死んだ 獅子も死んだ。


再び白バイ。これは取締り出発前のウォーミングアップ。急制動の練習。フロントサスの変化に注目。


ブレーキング。サスがストロークしているのが判る。


CB1300P、かっこいいなぁ。


1/12モデルで無いのかな。あったら買っちまうなコレ。