世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2013/08/Text No.04





おっとぉ…。久々にナンバー変更の小細工が出ました。北見交機でそれやりましたか。では早速
詳しく見ていこう。本件はもちろん当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。スクープです。


こちらが変更前の物。8月初めに撮影との事だ。それが今回こうなった。


北見300 ち 49-30に変更。こいつが同一の個体だという事を検証する。


バンパー下部の破損とオートカバーの傷に注目。


再び変更前の個体。あるよね、傷。


過去に撮影して頂いた同車。オートカバーの傷は当時は無かったが、バンパー下部の破損が確認
できる。こりゃ間違い無いな。

「北見300 せ 55-38」 → 「北見300 ち 49-30」

と言う事だ。どういう意図でのナンバー変更なのかは我々には知る由も無いが、少なくとも変更後
約一週間でそれを把握できたのはひとえに情報提供者の方のおかげだ。ありがとうございます。感謝だ。



今年もやって参りました道内最大級規模の花火大会である勝毎花火大会。え?画像が違う?
確かにそうだ。しかしここも充分に見所のあるポイントだ。花火大会会場とここは充分近い。頂いた
画像は全て当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。


そうそう、コレだよコレ。わざと画像間違えたくせに。とにかく観ていこう。大会の様子を、そして周辺
警察の様子を。本当、感謝だ。


そしてカメラは再び十勝機動警察隊の所へ。戻るんかい(笑)。ちなみにここには以前、女性の
スカートの中を撮影して現行犯逮捕された隊長が居た。こちらでも随分とネタにさせて頂いたが、
最近偶然にもその後の足取りの情報が入ってきた。詳しくは書けないが、まぁ「着物を大事にな」
とだけ言っておく。


敷地内をグルグル回転しだしたので後ろも撮影。ありがたいねぇ。


その後敷地を出て一般道に出る。わざわざこちらの歩く方へと来てくれる。サービスいいじゃねぇか。


撮影には気付かない振りだったそうだ。それでいい。今後ともそれでよろしく。お互いが幸せになれる。


こちらは会場周辺の河川堤防より。右側の車両に注目したい。


ソフトバンクの移動中継車がスタンバイ。電波の取り合いをこれで緩衝だ。


堤防近くにある十勝インフォメーションセンター。ここは昨年までは観客へ開放されており、トイレや
建物前の敷地を休憩場所として観客に開放していたが、今年は全面立入禁止に。


ここは警察のベースキャンプとして転用される事となった為だ。


建物2階の展望スペースは以前より警察が監視塔にしていた。それはもちろん今年も活用。
上から下を見下ろす人は居ても、あまり上を見上げようとする人は居ないもの。だからってこれは
いかがな物↓かと。


どこの風呂上りのオッサンだよ。いやいや、これは雑踏警備に真剣に臨んでいる警察官の姿だ。
皮肉に聞こえるならそれはそっちに問題有りだ。この勤勉な警察官のバッチだけはズームしておく。


AU162と読める。たまに所属と官姓名を尋ねても、それを答えようとしない問題警官もいるが、
そういう場合はここの固有番号(アルファベット含む)を観ておくと良い。確認の際はさりげなくだ。
露骨にバッチを見ようとすると、今度はそこを手で隠すバカが過去に居た。


堤防にあったベンチでトラブル。花火を堤防からは観覧できない事になっているのだが、その前までは
ここで休憩する事はできる。そこで休んでいた老夫婦に最初に声を掛けた警官は、

「ここは花火開始前19時20分に閉鎖されます。それまでに別の場所を見つけてください」

と言ったそうだ。しかしそれから1時間後、時刻はまだ16時になろうかという時に別の警官の集団が
やってきて、ベンチを封鎖の準備を開始。それを受けて「話しが違うじゃないか」と老夫婦激怒。
警察官の言う事を信じるとこういう目に遭う。警官はその主張に対しては一切耳を貸さずに「もう
道が混んで来たから」の一点張り。事故防止の為だもの。それは判る。でも、最初に出した指示と
違う事について一言でも「申し訳ない」が無いのはどうなんざんしょ。「だってそれ言ったの俺じゃないもん」
って事なんだろ。だから不祥事無くならないんだよ。俺の署じゃないもん。そんな程度で思ってんだろ。
そういうのが不祥事起こすんだよ。


そんな地上のトラブルをよそに会場上空をグルグルと旋回する道警ヘリ。だいせつだね。


花火開始時刻3時間前の会場周辺の様子。続々と観覧の方々がやって来る。


すげぇなぁ。


そんな中、一人だけおかしなポーズをしているのが。


私服警官。腕章付き。これは雑踏警備の中では結構威力を発揮する存在。私服でありながら自身を
警官だと明かしているのは一見マヌケだが、群集に「私服警官も居る」と思わせるには効果あり。実際には
腕章無しの警官(変装レベルもかなり高し。釣り用のベストなんぞ着用無し)も多数配備されていたそうだ。


本人は撮影に夢中でこちらには気付いていない様子。仕事熱心で大変よろしい。


今度は女性私服警官登場。グヘヘヘヘ。


グヘヘヘヘヘ。


こちらは警備本部に置かれていた交番パンダ。以前はここに機動隊バスが置かれていたが、今回は
機動性を重視した配車になったようだ。


実際、これらの車両が大会終了後の堤防通路の一部規制に活躍する事になる。


打ち上げ開始1時間前の様子。


凄い人だ。河川敷一面を埋め尽くしている。


ここで再び十勝機動警察隊。赤ちゃんが乗ってますのステッカーを貼った左のセレナはきっと高度な偽装を
した覆面なんだろうよ。きっとそうなんだろうよ。まずは奥のレガシィからだ。


自ら隊にあたるのは同機動警察隊の第二中隊だっけか。


ボディーカラーがホワイトの240系アリオン。グレードはもちろんA20。なんだろね。政治団体の車両も
来てたからなぁ。


こちらはランサー。そうさランサーだよ。釧路ナンバーだったそうだ。政治団体の車両も来てた
からなぁ。


ここからは帯広署所属機。200系クラウンパンダですな。


署に戻る所だったそうだ。


署の裏側に回る。


ちなみにその裏側のガレージのマーキング。日本は平和だなぁ。この車庫の中身はどこの所属か自分で
公言しちゃってんのかよ。よくこれでウチの署の覆面のナンバー消してよぉぉぅとか言えたもんだ。いやいや
そりゃ札幌の中央署の話しだろ。ここまでマヌケじゃねぇよ。いや似たようなもんだ。そういえば中央署から
一向に返事が来ないな。全く、ふざけた所だよ。もう二週間だぞ。返事来ないならこっちから行くわ。マジで。
門前払いすんなよ(笑)。


話しを帯広署に戻す。これまたロートルな1台。150系クラウンレーダーパンダ。フェンダーミラー仕様で
「88」ナンバーだ。物持ちいいなオイ。


いよいよ花火です。キレイだなぁ。








撤収!え!? もう終わりなのか。今回の観客数は20万人。帰るのもまた一苦労。


堤防の一部を規制している交番パンダ。観客の動線を効率的にコントロールしていたそうだ。


会場近くにて。ツアー客を乗せる為のバスが待機。


凄い台数だ。良い物を沢山観させて頂きました。ありがとうございます。