Macの画像File,読めるもん!

増えたよ〜!Mac使い 99/10/26
 近頃,まわりにMac使いが増えました。と,いうより今までとは少し毛並みの違う,まともな人たちが増えたのかもしれません。いままで,おつきあいがあった人たちがまともじゃないということでは…(そうかもしれない……)ありません。
 そうなってくると,周りで「このfile読めないんやけど」とか「訳のわからんfileやけど,これ大丈夫かなぁ」ということをよく聞くようになりました。

 「そんな金持ちと付き合うからや。」などと思っていましたが(どうも年寄りは,Macと聞くと「金持ち」というイメージがあってひがんでしまいます。いかんなぁ…。),自分も同じ立場になってみると,「こりゃ〜困った。」
 せっかくメールに添付してくれたfileが読めなかったり,もらったfileが使えなかったり…。相手の方に大変悪いなあと思ってしまいます。
 ダンプなんかをとってみると,なんかまともなfileみたいなのですが…。開いてみると,文字化けというか何というか…。

 いろいろ調べてみると,Macのfileの先頭には,fileを作るのに使用したプログラムの情報がついているのだそうです。
 普通は,これを書き込まずにfileとして生成するらしいのですが,圧縮fileの場合,どうやらそのヘッダー部分(リソースフォークと言うらしい)もいっしょに圧縮してしまうらしいことが分かりました。

Aladdin Expander 5.0のダウンロード 99/10/26
 このリソースフォークを取り除いてくれるソフトが,「Aladdin Expander 5.0」です。これは,AladdinSystems のサイトにあるフリーソフトです。「Aladdin Expander 5.0」の日本語サイトもあります。1.4Mありますので,ちょっと大きいかなぁ。

 使い方
 1.「Aladdin Expander 5.0」を実行。
 2.「デスクトップ」にAladdinExpanderのアイコンができる。
 3.訳の分からない形に展開したfileをアイコンにドラッグ&ドロップ。
 4.リソースフォークが外れたfileが生成される。
 5.それを開けばok。

 AladdinSystemによると「Macで一般的に使用される圧縮形式であるStuffIt形式に対応しています。」ということですので「StuffIt形式(.sit, .sea)」のfileだったらそのままドラッグ&ドロップで解凍しリソースフォークも外せるようです。

 

メール