Choko's noteかわいい魔女ジニーNOTEBOOK


第一シーズン「かわいい魔女ジニー」とバーバラ・イーデン出演TV.映画


その1

かわいい魔女ジニー」は1965〜1970年に放送されたが第一シーズン1話〜30話はモノクロであり
パイロット版として放送された。
第一シーズンでは、トニーにメリッサ・ストーン(カレン・シャープ)という婚約者がおり後に彼女と結婚し、
その新婚家庭に魔女ジニーが同居するという話で後シリーズ化されてからのとは違うストーリーだった。
日本のタイトルは「かわいい魔女ジニー」というように魔女と訳されているるが”GENIE”は精霊という
意でありジニー(JEANNIE)はGENIE(精霊)の中の一人という意味である。

パティー・オースチンのヒット曲「THE GENIE」は日本だけシングルカットされ当時ディスコでも流行った。
この曲の邦題がズバリ「かわいい魔女ジニー」だった。アラビア風のイントロで始まり「私はあなたの
ジニー、どんな願いも叶えてあげる」といった感じの曲だった。


その2

「かわいい魔女ジニー」終了後もバーバラ・イーデンがラスベガスの舞台に立つとアメリカ全土から年輩の
男性ファンが集まり彼女の人気は衰えなかった。
その後も何度か新しいTVシリーズの話が出たものの実現はならず、日本で未公開の「JustforLaugh」は
1974〜1975年にかけて放送されたがお色気過剰で放送が自粛されたがパイロット版では28%の
高視聴率を記録しシリーズ化間違いなしとされたがバーバラ・イーデンの都合でキャンセルされた。


ハーパーバレーP.T.A.

「ハーパーバレーP.T.A.」は1968年のジニー・C・ライリーのヒット曲で南部の小さな街で進歩的に
生きる女性を唄ったもので1978年バーバラ・イーデンの出演で劇場公開の映画化。その後1980年から
一年間TVシリーズ化された。
この番組はアメリカでNBCにより金曜の夜8時からの30分番組だった。最高視聴率29.1%を記録し
好調のため60分番組に拡張予定が「年齢的に自信がないし、ギャラも釈然としない」とバーバラは
保留している。
子育てに熱心だったバーバラ・イーデンは実際にカリフォルニア州のPTA名誉会長になっている。


かわいい魔女ジニー・15年後I Dream of Jeannie 15 Years Later)

かわいい魔女ジニー・15年後I Dream of Jeannie 15 Years Later)エピソードガイド参照


地球の危機

後にTVシリーズ化された「原潜シービュー号」のデビュー映画。「ポセイドン・アドベンチャー」
「タワーリング・インフェルノ」のアーウィン・アレン監督。 バーバラ・イーデンはキャシー・コナーズ役で
シービュー号唯一の女性乗組員。他にも女性科学者がオブザーバーとして乗り込んでいる。
キャシーはネルソン提督に仕える秘書で、なおかつクレイン艦長のフィアンセという設定であった。
バンアレン帯が、隕石の落下で燃え上がり、地球全土が灼熱地獄に。ネルソン提督はシービュー号の
核ミサイルで消火しようとするが国連は反対し、追っての潜水艦も差し向ける。さらに艦内でも提督の
計画や行動は異常だとして、クレイン艦長をはじめ、反乱がおきる。 キャシーは、そのネルソン提督と
クレイン艦長をつなぎ止めるキーバーソンでもあった。若いクレイン艦長に意見する立場でもあり、さらに
シービュー号が機雷原につっこむのを阻止したり、ネルソン提督の命を救ったりと、大活躍。彼女が地球を
救ったようなもの!。 キャシーのフィアンセのクレイン艦長は、トニーと似た感じで軍服が海軍だという違い。
しかも、吹き替えはジニー後半のトニーの声の中田浩二であった。バーバラはショートカットで、
ジニー以降と前では、別人のような感じがする。 なお、この映画にも前夫のマイケル・アンサラが出ている。
また翌年、同じアーウィン・アレン監督の「気球船探検」にもバーバラは出演している。


ダラス

トニー役だったラリー・ハグマンがあくどい陰謀家J.R.ユーイング役で人気をはくした「ダラス」。
アメリカでは大人気で1978年から八年も続いた大河ドラマだ。日本でも放送されたが複雑な人間
関係ドラマだったので人気が出ず短期間で終了している。しかし見逃せないのが最終シーズンに
バーバラ・イーデンがラリー・ハグマン演じるJ.Rを苦しめる女性役で出演しているのだ。「かわいい
魔女ジニー」ではトニーを慕う魔女役であったが一転「ダラス」ではトニーを追いつめるのである。


ローハイド

「ローハイド」(米CBSで1959年1月、日本では同年11月から放送)にバーバラ・イーデンが出演していた!
フランキー・レインが歌う軽快なタイトルソングでも有名な西部劇「ローハイド」の第6シーズンの第10話
「盗まれた権利書: Incident at Confidence Creek 」(1963/11/28/米放送時)にバーバラ・イーデンが
ゲスト出演している。当時バーバラは25歳。また「奥さまは魔女」ダーリン役のディック・ヨークもゲスト出演
している。旅芸人のエルウッド・ギルロイ(ディック・ヨーク)とクリスタル・シンプソン(バーバラ・イーデン)の
二人が馬車を失なったため、出会わせたフェーバー一家に世話になるが、お金のためなら手段を厭わない
ギルロイがフェーバーの牛を売っぱらうなどして大騒動になるストーリーだ。踊り子役のバーバラは初めから
終わりまで出演しており、主役のローディー・イェーツ(クリント・イーストウッド)とのキスシーンもあったりと
このエピソードではレギュラー格で出演している。

そして日本で放送時の吹き替えを担当した人たちも面白い。バーバラの吹き替えが「奥様は魔女」の
サム役の北浜晴子。ディックがロジャーの吹き替えをした愛川欽也。更に劇中バーバラは ジニーのような
ハレムの衣装を着て”スネークダンス”を踊るというカットまで用意されていた。それも当時まだ「かわいい
魔女ジニー」も「奥様は魔女」も放送されていなかったのである。このキャスティングといい、吹き替え人の
変な組み合わせが妙に可笑しい。そしてバーバラはジニーのイメージとはまるで違い強気な女性を演じて
いるが、なかなか可愛く映し出されている。

なお「ローハイド」の第7シーズンの7話と8話” Damon's Way: Part One ” ” Damon's Way: Part Two ”にも
バーバラはゲスト出演している。
                                             情報提供:片塚珠志さん



情報提供:三重の阪田さん、 片塚 珠志さん

もどる

ジニートップへ